こどものあそび観察日記

こどもの充実した時間とはなんぞや!?

【にほんごであそぼ】「江戸っ子どこどこ」がイヤーワーム

ある日、娘が見ているEテレから聞きなれない曲が、、、、 不思議に思って、私も一緒に見てみると、 「江戸っ子どこどこ」が流れていました。 子ども番組とは思えない曲調でビックリしました。 夕飯の支度をしていたのですが思わず手を止めて子どもと一緒に見…

どうして国の名前のしりとりは続かないのか?~スタン・リア・ニアの意味

「国の名前でしりとりをやろうよ!」 と、当時、国旗にはまっている5歳の娘に誘われた。 「いいよー!」とばかりにスタートしましたが、 アメリカ カンボジア アルメニア アゼルバイジャン と、あっという間に終了。 何回やっても、あっという間に終わってし…

カルタに飽きたら、百人一首(6歳)

今まで いろんなカルタで遊んできました。 hipopocroco.hatenadiary.com hipopocroco.hatenadiary.com 6歳になるとちょっと飽きぎみです。 でも、本当に飽きているのは、娘ではなく私です。 一人っ子なので、幼稚園後の遊び相手は私のみ。二人だけのカルタは…

「ひも通し遊び」から「手芸」へ橋渡しをするおもちゃ、『シシュリーナ』で遊ぶ(6歳)

6歳になった娘は、アクアビーズなど小さなもので何かを作ることが増えてきました。そんな娘に祖母がプレゼントしてくれました。それが、これ。 *写真はAmazonのサイトにリンクしています。 タカラトミーから出ている『シシュリーナ』という商品です。 www.t…

子どものイラストをエプソンのスキャナで取り込み、Windowsの「ペイント」で色を塗る遊び方

秋の長雨。せっかっくの日曜日なのに、外に出るのも億劫です。娘も、気分が盛り上がらず、暇を連発していました。 そこで、6歳娘と一緒にパソコンでお絵かき遊びしました。 以前はこんな感じで遊びました。 hipopocroco.hatenadiary.com 私と娘が自由に使え…

「バスタオル」で「プリンセスになりきる」遊び(5-6歳)

なりきりごっこをするようになったお年頃から、こんな格好をするようになりました。 バスタオルを洗濯ばさみで腰に巻き付けるのです。 しかも、2枚くらい。 真ん中はひらひらさせなきゃいけないらしく、とめていません。 そもそも、しばるのは上手にできない…

ヤマハをやめた~娘にとって習い事とは(6歳)

ついに、娘が爆発しました! 「ヤマハに行きたくな~い」 「習い事はぜーーんぶやだ!」 ※習い事はヤマハのみですが。。。 グラデーションのように、ヤマハが嫌だという娘の気持ちが高まっていくのを感じとってはいたのですが、どこがピークなのか全然わかっ…

情報・バラエティ番組を見るようになった(6歳)

テレビとの付き合い方を迷いながら子育てをしてきました。結局これがいい!という方法は見つかりませんが、なんとなく落ち着いてきました。そんな時、ついに大人向け情報&バラエティ番組を見るようになりました。 いつ、子ども向けのかわいいテレビ演出から…

ハロウィン用の衣装が日常のごっこあそびとして活躍している(4~6歳)

ハロウィンが近づいています。衣装をわざわざ買うなんてもったいないと思っていらっしゃる方いませんか?私はそう思っていました。ハロウィン工作は好きですし、いろんな方が仮装してパレードをする様子を見るのも嫌いではありませんが、自分や娘が仮装とな…

娘が夢中になったカラーペン(2-6歳)

娘は、ペンで描くことが大好きです。 本当は、幼児期はクレヨン・クレパスの方が描きやすいんだろうな~と思ってはいたのですが、好きになってしまったものはしょうがない。クレヨンで描くことを促しますが、もう、ペンで描くことが習慣になってしまい止めら…

折り紙で髪飾りをつくる

6歳を過ぎた娘は、ごっこ遊びはまだ大好きです。バスタオルをぐるぐる体に巻き付けてプリンセスの衣装をつくって遊んでいます。 ある日、髪の毛に見たこともないかわいい飾りを発見しました。 なにそれ?と聞くと、自分で作ったとのこと。 よくもまあ、これ…

お父さんと過ごす夏

夫は、子どもをもつことにとても慎重でした。 幸か不幸か、私たち夫婦は結婚してから、なかなか子どもを授かることができず、長い時間二人で過ごしていました。そして、夫は子ども授かることに積極的になれず、できなきゃできないでよいと言いきっていました…

【そなエリア東京②】遊びながら学ぶ防災学習(防災お役立ちリンク付き)

前回は、そなエリア東京の目玉である、『東京直下72hTOUR』について書きました。その続きです。今回は、それ以外の楽しみ方についてレポートします。 hipopocroco.hatenadiary.com 津波体験コーナー 無事、東京直下72hTOURを終えると、津波体験コーナーが…

【そなエリア東京①】「東京直下72hTOUR」が臨場感に溢れていた

入場無料にひかれて遊びに行ったお台場にある「そなエリア東京」ですが、思ってた以上に充実していてビックリしました。なんといっても、「東京直下72hTOUR」が衝撃的でした。6歳の娘を連れて行きましたが、すごく充実した時間を過ごせました。でも、去年だ…

カブトムシのいた夏

彼らがやってきたのは5月の終わり、忘れもしない夜の9時だった。 「カブトムシの幼虫いる?」 そんなlineがやってきた。友人が「夜遅くにごめんね」と差し出したのは、買い物用の白いビニールに入ったカブトムシの幼虫。大の虫嫌いの彼女が、断り切れず幼虫…

『teamLab★Jugle/KidsNOON 』In ヒカリエ/子連れレポート

以前、チームラボが初の子ども向け展覧会を開催させたときに行きました。あの時はまだ4歳でした。▶『チームラボ "踊る!アート展"と"学ぶ!未来の遊園地"』で遊んできました! - こどものあそび観察日記 あれから、もう2年たっているんですね。そして、嬉し…

「西はどっち?」子どもの方向感覚を鍛えるゲーム

前回こんな記事を書きました。 hipopocroco.hatenadiary.com スマホが使えなくて、ドキドキしながら一人旅を楽しみました。 知らない場所を、地図を頼りにふらふら歩くのが好きなたちです。道を間違えひどく遠回りをして目的地に着くこともありますが、時間…

スマホに頼らない大阪一人旅

今回は、娘の話ではなく私の旅記録です。 今年の夏、関西方面の親戚宅に家族で遊びに行きました。久しぶりの関西なのでちょっと足をのばして大阪に住む私の友人に会いに行くことにしたのです。でも、大人の予定に娘を連れていくにはちょっと厳しい。娘を夫に…

アサガオの花ビラで遊ぶ

アサガオがきれいに咲きました。でも、あっという間に花は終わってしまいます。そんな、咲きおわったアサガオの花びらを使って遊びました。 はなびらを紙やティッシュに挟んで遊ぶ ▼まずは、紙やティッシュの上に花びらを置いて、 押さえる ▼身の回りのもの…

こっそり娘の財布をチェックした

ごっこあそびは年長になった現在でも健在です。プリンセスごっこ、おいしゃさんごっこ、ケーキ屋さんごっこ、、、、そして、気が付けばお財布にお金を入れてごっこ遊びで使うようになりました。ごっこあそびにはつき合わされるので娘の通貨は見ているのです…

友達との約束を取り決めるときの誘い文句

今回は、親子で友達と遊ぶ時間を確保するために、人付き合いに苦手意識のある私がどうやって約束を取り付けられるようになったかのお話です。 スポンサーリンク // 私は、子どもの時から誘ってもらうのを待つ方で、自分から声をかけることができませんでした…

一人で絵本や児童書が読めるまでの道のり

娘が2歳頃、「絵本読んで読んで攻撃」が辛いと思っていました。あの日の自分に伝えてあげたい。「もう少ししたら一人で読めるようになるよ」と。 最近では、 母:「読んであげようか?」 娘:「いい。一人で読むから」 なんて、フラレるようになりました。静…

「習い事をやめたい」子どもの本心をどう引き出すか~親の葛藤

子どもは習い事をやめたい、でも親は続けさせたい。よく聞く話ですよね。うちにもその悩みがやってきました。 先日、「もうやめたい」と娘が言い始めたのです。ヤマハのことです。 ヤマハが楽しくないという兆候はありました。 hipopocroco.hatenadiary.com …

【さんすう】ドラゴンボール文章題(6歳)

「勉強は小学校に入ってからでいいやー」と思っていたのですが、年長になるとドリルや公文をやっているお友だちが増えてきます。そうすると、何かうちもやらなくてはならないものかと少し焦ったりもします。娘も幼稚園で学校ごっこなるものを友達としている…

マンカラで遊ぶ様子~4歳の時と6歳の時の違い

娘が初めてマンカラを知ったのは4歳でした。その時は、ほとんど興味なし。強引に私がルールを教えてゲームをスタートさせましたが、自分で考えて楽しむにはかなり難しいようでした。 好きなお子さんだったら、繰り返し挑戦することでルールを理解し、きっと…

子どもに「遊んで~」と言われたら~キッチンタイマー活用法

遊びをテーマにしているくせに、「遊んで~」と言われることに恐怖に感じるほど辛くて面倒くさいと思うときも結構ありました。楽しく一緒に遊んであげられる日もあるのですが、いわゆるワンオペ状態が長く続くと、「とにかく子どもから離れたい」と思うよう…

ようこちゃん・さなこちゃん・ちょうこちゃん

5月にアゲハ蝶の幼虫を友人から頂きました。 最初は興味がもてなかったのですが、1日一緒に過ごしたらすっかり観察するのが楽しくなってしまいました。娘より私の方が夢中に。 娘はというと、「こわい~」の連発で初日は近寄ろうともしませんでした。 ところ…

【小学校入学準備】楽しい朝を迎えられるために~目覚まし時計購入物語

朝は苦手です。そして、夫は私以上に朝が弱い。 娘が生まれて夫や私はかなり矯正されましたが、娘の起床時間はとても遅く毎朝殺伐しています。起こすだけでも毎回苦労しています。 来年から娘は小学生。朝出発する時間は現在より1時間早くなります。 でも、…

全力で名前を呼ぶこと

大人になって、名前(ファーストネーム)を呼ばれなくなったな~と思います。 たくさん名前を呼んでもらえていた時代を振り返ると、それは学生時代までさかのぼってしまいます。はるか遠い昔です。 働き始めると苗字で呼ばれ、結婚して出産したら、「お母さ…

空き缶でマンカラを作る

どうしても、マンカラが欲しくて作りました。 娘がそれほど興味を示していなかったので、「手作りなら安上がりだし、遊ばなくてもダメージは少ないかな」と思い、作ることにしました。それに、私自身が空き缶で作られたマンカラで遊んだときの、おはじきを取…