こどものあそび観察日記

こどもの充実した時間とはなんぞや!?

子どもがつくる積み木の形はシンメトリーになるのか?

娘はビックリするほど積み木で遊ばない子でした。 子どもは積み木で楽しく遊ぶものだと思い込んでいましたが、お人形さんごっこに比べれば全然やりません。ブロックも悲しいほど使いません。 そんな娘が久しぶりに、自分から積み木で遊びました。 積み木遊び…

投げ独楽を練習する(6歳)

冬休みに入る前に、幼稚園から独楽を持ってきました。 こんな感じの超シンプルな木の独楽です。 木ごま 木芯 ひもつき 出版社/メーカー: 美術出版サービスセンター メディア: おもちゃ&ホビー この商品を含むブログを見る どうやら、「冬休み中に練習してお…

色を並べて遊ぶ~子どもの色彩感覚を養う

子どもが感じる気持ちの良い色の並び順が気になります。 そこで、 色数が多いカラーペンを渡して、 「○○(むすめ)が、 キレイだなぁーって感じる並べ方で、 しまってみない?」 と、声をかけてみました。 今回は、6歳の娘がどんな風にペンを並べたのかを記録…

一人で電話をかけられるようになるまでのあゆみ(2-6歳)

家に固定電話がないご家庭が増えてきました。友達と話していると、「引っ越しを機になくしちゃったよ~」なんていう話はよく聞きます。私の友達の周りがそうなっているだけなのかもしれませんが。なので、この記事が後世に役に立つとはとても思えないのです…

ホイップるであそんでみた(6歳)

子どもへのクリスマスプレゼントは毎年もめます。小さい頃は親の好みだけでもなんとかなりましたが、成長するに従い子ども自身の思いも強くなるのでそうはいきませんよね。 迷いに迷って、今年のクリスマスにプレゼントに選んだのがこれ。 ホイップる いちご…

数学的な思考力を高める(?)クリスマスツリー作り(6歳)

「クリスマスっぽい飾りを作りたい。」 そんな娘の願いをかなえるべく、こんな風に遊んでみました。 親の力量が問われる完成度の高いクリスマスツリーというより、子どもがたくさん手を動かして作り上げる簡単なものにしました。見た目はイマイチかもしれま…

本格将棋で遊ぶようになるまでのあゆみ(3-6歳)

本格的な将棋なんてまだまだ先に決まってると思っていましたが、買い物から帰ってきたら夫と娘が将棋をしていました。 難しいと思っていましたが、 娘が言うには、「どうぶつしょうぎより面白い」とのこと。 夫が言うには、「手加減する余地があるから娘に勝…

絵本でアンガーマネジメント「いかりのギョーザ」

娘がたまたま見つけたこの本は、わが家の今年のNO1BOOKです。 いかりのギョーザ 作者: 苅田澄子,大島妙子 出版社/メーカー: 佼成出版社 発売日: 2006/12/01 メディア: ハードカバー 購入: 3人 クリック: 19回 この商品を含むブログ (8件) を見る ブブコさん…

【絵具遊び】バチック塗り絵~くじゃく(6歳)

バチックとは”はじき絵”ともいい、もともと”ろう染め”に使われている技法です。クレヨンが水ではじくことを利用して、水彩絵の具を使って着色していきます。 最近、娘はペン画”街道”まっしぐら。全然色を使わなくなってしまいました。お絵かき好きなのは嬉し…

布一枚でなんでもできる(6歳)

以前、こんな記事を書きました。 とにかくバスタオルを体に巻き付けるのが大好きで、毎日バスタオルを消費します。 hipopocroco.hatenadiary.com 毎回洗う必要はないのですが、バスタオルのストックがなくなりがちです。 そこで、 買いました! ただの布です…

屋外で”おえかき”をする(6歳)

「外で絵を描きたい」 と娘が言い出しました。 スポンサーリンク // 上手いか下手ではなく「絵を描く時間が楽しい」と感じさせることが私の子育ての大きなテーマの一つでもあったので感慨深いものがあります。 そんなわけで、落ち葉もほとんど落ちてしまった…

子どもはどうして踊るのか~舞と踊りの違いから

ある日、夫が、 「舞」と「踊り」ってどう違うんだろう。 とつぶやいた。 ずーっとその言葉が私も気になってて、時々何かをきっかけに「どう違うんだろう」なんて想像を巡らせます。クラブのフロアで自由に踊るのと、盆踊りで踊るのって根っこの部分で何かつ…

ムジカ・ピッコリーノが与える影響

夕方はEテレを見て娘は過ごしています。 その中で5歳から急に興味をもって見るようになったのが、 ムジカ・ピッコリーノ シーズン4の途中から見始めて、夢中になって見ていたのがシーズン5です。 娘にとってお気に入りの番組です。前回、音楽に関する記事…

【にほんごであそぼ】「江戸っ子どこどこ」がイヤーワーム

ある日、娘が見ているEテレから聞きなれない曲が、、、、 不思議に思って、私も一緒に見てみると、 「江戸っ子どこどこ」が流れていました。 子ども番組とは思えない曲調でビックリしました。 夕飯の支度をしていたのですが思わず手を止めて子どもと一緒に見…

どうして国の名前のしりとりは続かないのか?~スタン・リア・ニアの意味

「国の名前でしりとりをやろうよ!」 と、当時、国旗にはまっている5歳の娘に誘われた。 「いいよー!」とばかりにスタートしましたが、 アメリカ カンボジア アルメニア アゼルバイジャン と、あっという間に終了。 何回やっても、あっという間に終わってし…

カルタに飽きたら、百人一首(6歳)

今まで いろんなカルタで遊んできました。 hipopocroco.hatenadiary.com hipopocroco.hatenadiary.com 6歳になるとちょっと飽きぎみです。 でも、本当に飽きているのは、娘ではなく私です。 一人っ子なので、幼稚園後の遊び相手は私のみ。二人だけのカルタは…

「ひも通し遊び」から「手芸」へ橋渡しをするおもちゃ、『シシュリーナ』で遊ぶ(6歳)

6歳になった娘は、アクアビーズなど小さなもので何かを作ることが増えてきました。そんな娘に祖母がプレゼントしてくれました。それが、これ。 *写真はAmazonのサイトにリンクしています。 タカラトミーから出ている『シシュリーナ』という商品です。 www.t…

子どものイラストをエプソンのスキャナで取り込み、Windowsの「ペイント」で色を塗る遊び方

秋の長雨。せっかっくの日曜日なのに、外に出るのも億劫です。娘も、気分が盛り上がらず、暇を連発していました。 そこで、6歳娘と一緒にパソコンでお絵かき遊びしました。 以前はこんな感じで遊びました。 hipopocroco.hatenadiary.com 私と娘が自由に使え…

「バスタオル」で「プリンセスになりきる」遊び(5-6歳)

なりきりごっこをするようになったお年頃から、こんな格好をするようになりました。 バスタオルを洗濯ばさみで腰に巻き付けるのです。 しかも、2枚くらい。 真ん中はひらひらさせなきゃいけないらしく、とめていません。 そもそも、しばるのは上手にできない…

ヤマハをやめた~娘にとって習い事とは(6歳)

ついに、娘が爆発しました! 「ヤマハに行きたくな~い」 「習い事はぜーーんぶやだ!」 ※習い事はヤマハのみですが。。。 グラデーションのように、ヤマハが嫌だという娘の気持ちが高まっていくのを感じとってはいたのですが、どこがピークなのか全然わかっ…

情報・バラエティ番組を見るようになった(6歳)

テレビとの付き合い方を迷いながら子育てをしてきました。結局これがいい!という方法は見つかりませんが、なんとなく落ち着いてきました。そんな時、ついに大人向け情報&バラエティ番組を見るようになりました。 いつ、子ども向けのかわいいテレビ演出から…

ハロウィン用の衣装が日常のごっこあそびとして活躍している(4~6歳)

ハロウィンが近づいています。衣装をわざわざ買うなんてもったいないと思っていらっしゃる方いませんか?私はそう思っていました。ハロウィン工作は好きですし、いろんな方が仮装してパレードをする様子を見るのも嫌いではありませんが、自分や娘が仮装とな…

娘が夢中になったカラーペン(2-6歳)

娘は、ペンで描くことが大好きです。 本当は、幼児期はクレヨン・クレパスの方が描きやすいんだろうな~と思ってはいたのですが、好きになってしまったものはしょうがない。クレヨンで描くことを促しますが、もう、ペンで描くことが習慣になってしまい止めら…

折り紙で髪飾りをつくる

6歳を過ぎた娘は、ごっこ遊びはまだ大好きです。バスタオルをぐるぐる体に巻き付けてプリンセスの衣装をつくって遊んでいます。 ある日、髪の毛に見たこともないかわいい飾りを発見しました。 なにそれ?と聞くと、自分で作ったとのこと。 よくもまあ、これ…

お父さんと過ごす夏

夫は、子どもをもつことにとても慎重でした。 幸か不幸か、私たち夫婦は結婚してから、なかなか子どもを授かることができず、長い時間二人で過ごしていました。そして、夫は子ども授かることに積極的になれず、できなきゃできないでよいと言いきっていました…

【そなエリア東京②】遊びながら学ぶ防災学習(防災お役立ちリンク付き)

前回は、そなエリア東京の目玉である、『東京直下72hTOUR』について書きました。その続きです。今回は、それ以外の楽しみ方についてレポートします。 hipopocroco.hatenadiary.com 津波体験コーナー 無事、東京直下72hTOURを終えると、津波体験コーナーが…

【そなエリア東京①】「東京直下72hTOUR」が臨場感に溢れていた

入場無料にひかれて遊びに行ったお台場にある「そなエリア東京」ですが、思ってた以上に充実していてビックリしました。なんといっても、「東京直下72hTOUR」が衝撃的でした。6歳の娘を連れて行きましたが、すごく充実した時間を過ごせました。でも、去年だ…

カブトムシのいた夏

彼らがやってきたのは5月の終わり、忘れもしない夜の9時だった。 「カブトムシの幼虫いる?」 そんなlineがやってきた。友人が「夜遅くにごめんね」と差し出したのは、買い物用の白いビニールに入ったカブトムシの幼虫。大の虫嫌いの彼女が、断り切れず幼虫…

『teamLab★Jugle/KidsNOON 』In ヒカリエ/子連れレポート

以前、チームラボが初の子ども向け展覧会を開催させたときに行きました。あの時はまだ4歳でした。▶『チームラボ "踊る!アート展"と"学ぶ!未来の遊園地"』で遊んできました! - こどものあそび観察日記 あれから、もう2年たっているんですね。そして、嬉し…

「西はどっち?」子どもの方向感覚を鍛えるゲーム

前回こんな記事を書きました。 hipopocroco.hatenadiary.com スマホが使えなくて、ドキドキしながら一人旅を楽しみました。 知らない場所を、地図を頼りにふらふら歩くのが好きなたちです。道を間違えひどく遠回りをして目的地に着くこともありますが、時間…