こどものあそび観察日記

こどもの充実した時間とはなんぞや!?

【絵本と遊び】じゃあじゃあ びりびり 0・1・2歳

じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)

 

赤ちゃんの時に、何度も読んだ絵本です。

言葉が発するようになった1歳の時、雨、、、という単語のあとに

『じゃあ じゃあ じゃあ』という言葉がつながりました。

ほかにも、紙、、、、『びり びり びり』と、言葉がどんどん続きます。

その言葉の掛け合いが面白くて、暗号のように娘と言葉のキャッチボールをして遊びました。

 

そして、そのやりとりが、ほかの言葉に発展させていくのがとても面白かったです。

たとえば、『おほしさま きらり』という歌の歌詞があると、

母『おほしさま』

娘『きらり』

『いない いない ばあ』だったら、

母『いない いない』

娘『ばあ』

それを、最初は隣で座ってやっていたのが、今では違う部屋にいても、私が大きな声で『おほしさま』というと別室から『きらり』と、暗号が返ってくるのです。

絵本から、こんな風に言葉遊びが広がるんだーと感動させられました。

  • 0歳 読み聞かせ
  • 1歳 文章を切り離して、暗号ごっこ
  • 2歳 別の言葉にかえて、暗号ごっこ