読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどものあそび観察日記

こどもの充実した時間とはなんぞや!?

お風呂嫌いの娘と戦う遊びネタ~おえかき編

娘はお風呂が大っ嫌い。

幼いころ、主人も私も嫌いだったから仕方がないといえば仕方がない。2歳くらいからその徴候が現れ、3歳には毎日手を焼くようになりました。そんな娘をお風呂に誘導した遊びネタ作戦を連続で紹介します。

娘のお風呂嫌いを振り返って最初の救世主に思えたのがこれ!!

 

お風呂でお絵かきしてみない??

我が家が購入したクレヨンはこれ▼

日本理化学 おふろdeキットパス KF-1 3色入り (赤、緑、青)

 

 

お風呂クレヨンは色々あるのですが、これはシンプルでお手頃価格なのがありがたい。色数も、3本で十分でした。片づけスキルが低い私にとって、これ以上多いともうダメです。使い終わったら新しく買っています。

娘の様子(2-3歳頃)

「お風呂でおえかきしない??」作戦が功を奏した時期です。2歳当初は、楽しくて仕方がない様子。ぐるぐるグチャぐちゃ描きまくっていました。

そして、3歳のある日、、、、、、

調子にのった娘1日で2本使いきりました。きゃーーーー。

お風呂に入る前、着替えが見当たらず探しいる間、「おえかきして待ってて~」と声をかけたら「はーい」と気持ちの良い返事。とにかく脱衣所に連れて行くだけでも一苦労なのでお風呂場で待っててくれるだけでもありがたい。油断している隙にお風呂の床はこうなっていました。(これ▼一部です)

f:id:hipopocroco:20150719004951j:plain

そして、無残なクレヨン。つるつるしている壁よりもゴツゴツしている床の方が色を塗るのは楽しいのは分かる。分かるけど、そりゃないっす~。

f:id:hipopocroco:20150719005051j:plain

この頃が一番お風呂でお絵かきをしていました。

娘の様子(3-4歳)

紙に描きたい絵がなんとなく描けるようになってからは、自分でお風呂クレヨンを使ってお絵かきをすることが減ってきました。細かく描きたいけれど、このクレヨンだと細かく描けないのが嫌なんだそうです。かわりに、お父さんや私に描かせることが増えてきました。確かに、このクレヨンで浴室に細かく描くのは娘にはちょっと難しい。うちのお風呂の壁が、ツルツルしすぎているのが原因かも。

3歳の終わりくらいから、誘い文句として「お風呂でおえかきしない??」も、効果がなくなってきました。飽きてきたというのもありますし、ぐるぐる手を大きく動かして描くスクリブル期の方がこのクレヨンと我が家の壁の相性がいいのかもしれません。

 

とはいっても、主人と私が順番に落書きしまくるので、2年前から愛用している3本入りのこのクレヨン!4つ目をリピート中です。

 

注意!!

壁に描いたら1週間以内に洗い流したほうがいいです。壁の素材にもよりますが、1ヶ月放置したら落ちなくてめちゃめちゃ大変でした。結局、クレンザーでなんとか落としましたが、、、壁に傷がつきそうで冷や汗タラタラ。ぜひ、早めに落とすことをおすすめします。ってそんなに長い間放置する我が家がいかん。

参考リンク

このクレヨンを紹介するなら、過去にエントリーされていたこれらの記事は紹介せねばと思いリンクを貼らせていただきます。

 

▼クレヨン以外のお風呂遊びについても書いていらっしゃいます。ちなみに、このブログで紹介されている育児グッズ!私のツボにハマるものばかりです。我が家でも愛用しているものが紹介されることも多く、勝手に親近感をもっておりました。

taoru3.hatenadiary.jp

 

▼こちらでは、1歳でお風呂クレヨンを導入された様子が書かれています。うちも、1歳でやらせてあげれば良かったと後悔しました。まだ、お子さんが1歳の方ぜひチャレンジしてみはいかがですか??

tabisuruyonimanabu.hatenablog.com

 

おまけ!キットパスについてもう少し詳しく調べてみました

本文とはちょっとずれますが、キットパス!!調べてみたら、面白い!

▼バラ売りしているなんて知らなかった

おふろdeキットパス/日本理化学工業株式会社

▼大人用もあるなんて知らなかった

キットパス おふろで書けるシートセット/日本理化学工業株式会社

 

▼ガラス用!!「キットパス」これ欲しい!! 

日本理化学 キットパスきっず KKD-6C 6色入り

日本理化学 キットパスきっず KKD-6C 6色入り

 

▼ 絵本「ワニワニのおふろ」で有名な山口マオさん、そして銅版画家の奥勝實さんが、キットパスを使ったライブイベントを行った様子です。見に行きたかった!!

作品ギャラリー/日本理化学工業株式会社

 

スポンサーリンク