読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどものあそび観察日記

こどもの充実した時間とはなんぞや!?

どうしてキキとジジは話すことができなくなったのか?~5歳の意見

5歳

本題に入る前に、この疑問について娘と考えるきっかけになった出来事を紹介します。

魔女の宅急便」録画していたものを見てからすっかりはまった娘のためにDVDを購入しました。1時間を超える映画なのでしょっちゅう見ているわけではありません。(主に私か娘が調子の悪い日などにみています。)でも、視聴頻度は少ないとはいえ、何回も見るとさすがに付き合う大人は飽きてきます。

そんな時に出会った本がこれ▼これを読むと、飽きはじめた「魔女の宅急便」がまた楽しくなります。

この本の中でプロデューサーの鈴木敏夫さんが、ジジとキキがしゃべれなくなる理由について語った内容が書かれています。今までいろんな仮説を頭の中で考えていたのに、あっさり「こうだ!」と書かれているものを読んでしまうと寂しい気がします。

でも、そういえばこの場面、娘はどう感じたんだろう?という疑問が沸きあがってきました。そもそも、娘はこの映画をどう見ているんだろう?ストーリーをどれだけ理解しているんだろう?

そこで、娘に聞いてみると、、、帰ってきた答えが面白い。5歳だから、「わからない」という反応が返ってくるかと思ったのですが、大好きな映画なので娘なりに考えていたようです。

どうしてキキとジジは話すことができなくなったの?

母:どうしてキキとジジは話すことができなくなったと思う?

娘:えーーーっとね。

娘:きっとね、キキと同じなんだよ。

母:?

娘:じつは、、、ジジも魔法ネコなんだよ。

母:??

娘:じつは、ジジも魔法ネコだからほうきをもってるんだよ。

母:???

娘:魔法ネコだから、キキみたいに突然魔法が使えなくなることがあるんだよ。

母:突然キキが魔法を使えなくなってみたいに、ジジも魔法を使えなくなっちゃったってこと?

娘:そうそう!

母:じゃあ、キキがデッキブラシで飛べるようになったみたいに、ジジもいつかまた魔法が戻るの?(あ~ちょっと誘導してしまったかも。。。反省)

娘:そう!

 

つまり、キキとジジがお話しできなくなったのは、ジジの問題でもあるというのが5歳娘の意見です。しかも、ジジも人間の見ていないところではほうきをもっていて空を飛べるという空想付きで説明してくれました。また、ジジの魔法は戻るという娘の意見は、ジジはずっとキキとお話できる存在であってほしいという娘の願望じゃないかな~と思っています。

同じ質問を娘が13歳になったときに聞いてみたいものです。

 

質問するときに気を付けたこと

  • どうしてキキは、ジジの言葉がわからなくなったの?
  • どうしてジジは、言葉をしゃべらなくなったの?

という聞き方はやめました。具体的に質問しすぎると答えを誘導してしまいそうだったので、キキの問題?ジジの問題?かどうかわからない質問の言葉を選びました。

おわりに

魔女の宅急便」好きの娘は、映画をみながらキキと同じセリフを言って演じています。映画をみていないときでも娘なりに解釈しためちゃめちゃなセリフを言いながら最後まで強引に物語を演じています。(つき合わさられる身としては辛いものです。)そんな娘の様子をみていると、本当にストーリーをわかっているのかな?と疑問に思う部分もあったので、タイトルのような質問をしてみました。聞いてみるものですね。未熟ではありますが娘なりの考えがあることに驚きました。物語について子供が何を感じていたのか、これからもいろいろ質問してみようと思うきっかけになりました。

でも、物語についてどう感じたか質問するとき、その手腕が問われますね。うまく聞かないと答えを誘導してしまいかねませんし、えーよく分かんないで終わってしまいますよね。子どもの率直な感想をきちんと引き出す質問ができる人ってすごいな~と思います。幼稚園の先生や、国語の先生尊敬します。

スポンサーリンク

 

 

おまけ~もう少し「ジブリの教科書5」について

出産してから子育てに関係する本や実用書以外は遠ざかっていました。もともと読書好きという方ではありませんのでなおさらです。けれど、この本は読みやすい。多くの方が執筆していて一つ一つの記事が程よく短いので、娘のお世話をしながらちょこちょこ読めるのがありがたい。さらに、見飽きたはずの「魔女の宅急便」に新しい発見をいくつも見出すことができたのは嬉しい。子どもが楽しいだけでなく大人も楽しく一緒に過ごせるのはやはり大切ですね。

実は、私も娘と同じくいつかまたジジもお話しできるようになると信じてていたので本を読んで軽くショックを受けました。どうして、ジジとキキがお話しできなくなったのか興味あるかたはぜひお読みください。びっくりするほどあっさり書いてあります。

ちなみに、

宮崎駿 鈴木敏夫 近藤勝也 男鹿和雄 高畑勲、、、などなど、制作現場からの秘話と内田樹 上野千鶴子 角野栄子 中野京子 正木晃 松任谷由実、、、などなど豪華な顔ぶれの皆さんの記事が掲載されています。(敬称略)

私は、内田樹さんの話がとても興味深く感じました。あと、中野京子さんの話や天声人語に書かれていた内容なども面白かったです。おかげでまたこの映画が見たくなりました。本を読みこむように映画が読みこめるなんて幸せな時代ですね。

ジブリの教科書5 魔女の宅急便 (文春ジブリ文庫)

魔女の宅急便 [DVD]

 

 

hipopocroco.hatenadiary.com

hipopocroco.hatenadiary.com