こどものあそび観察日記

こどもの充実した時間とはなんぞや!?

誕生日プレゼント迷走物語

「もうおもちゃは買わなくていいよ」

夫のこの一言から私の物語が始まった。

私:「だって、娘は今度5歳なんだよ!」

夫:「え?いらないでしょ。俺、買ってもらわなかったよ。だいたい、俺もおまえも、毎年誕生日プレゼントないじゃん。」

私:「た、た、たしかに。。。」

お恥ずかしい話なのですが、私も夫も誕生日やクリスマスなどのイベントに対して親がクールな家庭だったのです。まあ、似た者同士が結ばれたといえばそうなのですが。。。

夫はクリスマスの朝には枕元に現金が置いてあったそうです。

私はクリスマスの日には母からプレゼントと称してお菓子を手渡しされてました。

義母は超忙しいワーキングマザーでしたので、余裕がなかったと思われます。私の母は、とても古い考えの人なので「子どもに誕生日やクリスマスにプレゼントだぁ?盆と正月と祭りの方が大事!」という人でした。(確かに、盆・正月・お祭りはすごかった)とはいっても、ケーキやお料理は私の好きなものを用意してくれたので、不思議と不満は何もありませんでしたし、そういうものだと思っていました。お互いそんな家庭に育ったので、誕生日やクリスマスに対してはあまり熱が入らずに過ごしてきました。誕生日を軽んじて怒らせてしまった懐かしい私のお友達の皆さんごめんなさい。悪気はないのです。

こんな、私たち夫婦の悪しき習慣を娘に受け継ぐのはかわいそう。おもちゃを足して新しい遊びを開拓させたい!という強い思いは高まるばかり。去年のクリスマスも同じ話題で喧嘩になりました。「おもちゃは必要な時に買ってあげればいい!」と結論を出したものの、誕生日が近づくとおもちゃを買ってあげたいという私の欲望がむくむくと沸いてきます。

夫:「ブロックも積み木も遊ばないじゃん」

私:「でも、お人形さんで遊んでるでしょ!」

夫:「俺はそういうの好きじゃない」

夫は、部屋におもちゃが散乱するのが嫌らしい。コノヤロー!!と軽く怒りがこみ上げしばらく口論になりましたが、確かに、娘の欲しいものはよくわからないのです。

よし、じゃあ、娘に聞いてやれ~!

母:「ねえねえ、娘ちゃんが今一番欲しいものは何??」

娘:「うーーーん。。。セロハンテープ

母:「へえ????」

夫:「さすが俺の子」

えええええええ!!!!!!!!

そういえば、去年のクリスマスの欲しいものも毛糸だった。。。

夫のドヤ顔。

娘:「もうセロハンテープなくなっちゃったの」

たしかに、娘の工作にセロハンテープは必需品。でもさ、今たまたまなくなったセロハンテープのことを娘は言ってるだけじゃん!にも、かかわらず夫はにやりとドヤ顔。

私としては、シルバニアファミリー KAPLA (カプラ) を買ってあげたかったのですが、

夫:「お母さんが欲しいだけでしょ」

母:「はい。。。」

娘はブロックや積み木はそんなに遊びません。幼児雑誌に載っているシルバニアの広告もスルーです。夫に見透かされていました。

でも、、、振り返ってみると、娘は手のひらサイズの小さなセロハンテープを不自由そうに使用していました。おもちゃは買ってあげたいのですが、毎日せっせと制作し続けている娘のために、本格的などっしりとしたテープカッターをプレゼントするのはいいかも、と思えてきました。誕生日プレゼント用に計上していた予算は、10,000円まで(カプラを買ってあげたかったので頑張って用意していた。。。)。ならば、お嫁に行くときも持っていけるくらい良いテープカッターを買ってやろうと心に誓ったのです。

こうして、5歳娘の誕生日プレゼントのためにテープカッターを探し続ける日々がスタートしました。

高級テープカッターを探してみる

HUTAGAMI真鍮テープカッター

まず、私が一目ぼれしたのが、これ!!!めちゃめちゃカッコいい。高岡で作られた真鍮の生活用品ブランドです。これを買ったら孫の代まで使えるに違いない。アトリエで子どもに使わせていたテープカッターは、テープをセットする車輪のようなところがすぐに壊れるのですが、これは全部真鍮でできているのでそんな心配はありません。しかも、ほこりやごみがたまりやすい穴がなく掃除もしやすい。私が欲しい!!

でも、、、ちょっと高い。。。。予算オーバー。。。 


 

FUTAGAMI

家に真鍮がある暮らしって憧れる~。一つくらい本物を持っていたい。

南部鉄器・ヨーガンレール テープカッター

南部鉄器と言ったら熱が冷めにくい急須を思い浮かべる方が多いと思いますが、なんと、テープカッターもあったのです。これもまためちゃめちゃカッコいい。超シンプルなフォルムで機能を全部満たしていて本当に美しい。


 

そして、デザイナーは「ヨーガンレール」。ん???ヨーガンレールってまさか、、、、過去記事をひっくり返して思いだしました。

hipopocroco.hatenadiary.com

ヨーガン・レール - Wikipedia

 現代美術館で開催された展覧会に出品されていた私の好きだったアーティストでした。テキスタイルデザイナーかと思っていたら、こんなデザインまで。

欲しい。。。めちゃめちゃ私が欲しい。。。でも、これもまた完全に予算オーバー。 

ニチバン電動テープカッター

ちなみに楽天で一番高級だったのが、このニチバンの電動テープカッター

お値段なんと24,5916円

こんな商品があるなんて知らなかった。1mm単位でカットの長さが調節できるらしいです。テープを何回も切ってたら刃はベトベトにならないのかな~と思ったら、刃は鉄でできています。テープカッターなのに刃が鉄ってすごい!切ったあとの送り出しはどうなってるんだろう?ウィーンガチャンって切れる瞬間が見てみたい。。。。見つけたことに興奮して立ち止まってしまいました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニチバン 電動テープカッター オートテーパー TCE-800 ブルー
価格:245916円(税込、送料別) (2016/10/21時点)


 

スタジオジブリのテープカッターを探してみる 

鼻息荒くテープカッターを探していたら、ついつい娘のことを忘れていました。買うのは娘のためです。上記したものたちは超カッコいいし孫の代まで使えますが、どっちかというと私の自己満足が目的になってきてしまいました。気を取り直して、娘が喜びそうなテープカッターを探すことにしました。

5歳を目前に控えた4歳当時、魔女の宅急便やトトロにはまっていたので、ジブリから出ているテープカッターを探しました。確か、猫バスのテープカッターがあったはず。。。。

ネコバスのテープカッター

これこれ!これを探していたのです。


 

ところが、

残念、、、売り切れ。。。(現在は再販しているかもしれません)

魔女の宅急便 ジジのテープカッター

こんなかわいいジジのテープカッターを見つけましたが、、、もちろん売り切れ。。。購入された方の記事ですがうらやましい。。。指をくわえて見つめるばかり。魔女の宅急便ファンの娘にはたまらない一品です。大人になっても違和感のないデザインだし、手ごろな品物ですが、販売停止になって数年たっているようです。再販はないのか。。。残念。。。

blogs.yahoo.co.j

トトロのモチーフやラピュタのテープカッターなどもあったのですが、のきなみ売り切れ。。なんで、こんなに売り切れなんだ!!

カスタマイズしてみる!?

その後も探しに探しましたが、娘が喜びそうで安全に使えるテープカッターには出会いませんでした。陶器のものや木でできたもの、私好みのものはたくさん見つかるのですが、娘が喜ぶかというとちょっと違う。子どものものって、高ければ良いっていうものでもないんだな~と思いました。他のプレゼントにしようかと諦めかけたとき、ふと思いました。

  • 娘好みのテープカッターがないのなら作ればいい!
  • シンプルなテープカッターにステッカーをはったらかわいいんじゃないか??

早速探してみると、、、、、

白いテープカッターはたくさん見つかります。やった!そして、魔女の宅急便が大好きな娘のために、ステッカーを探すと、、、、ありました。スマホ用のジジステッカー発見!!これはいいかも。ようやく、長かったプレゼント探しも終わりが見えてきました。

ついにプレゼント購入

主要な事務用品ブランドから白いテープカッターは販売されていますし、形もだいたい似たようなものです。となると、あとは5歳の小さな娘が一番使いやすいのはどれか!

しばらくにらめっこした結果、これに決めました!!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

コクヨ カルカット

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コクヨ テープカッター<カルカット>白
価格:1166円(税込、送料別) (2016/10/21時点)


 

www.kokuyo-st.co.jp

このテープカッターにした決め手は

なんといっても、切れ味が軽そう!

▼見てくださいこのギザギザの細かいことを、、、。

f:id:hipopocroco:20161024132954j:plain

小さなお子様でも使いやすいといううたい文句にのせられました。小さい頃、テープカッターが切れなくて、ざくって親指をカッターで傷つけた経験が何度もあります。まあ、多少の傷にも慣れてもらいたいところですが、ストレスなくテープが使えるなら生産性は上がりそう。

しかも、

めちゃめちゃシンプル

私は娘用に魔女の宅急便に登場するジジのステッカーを貼りましたが、イラストを描いたりデコったりするなどアイデア次第でいろんなデザインに変えちゃうこともできそう。

▼これだけシンプルだとなんでもできます。絵を描いたりシール貼ったり自分好みのテープカッターにチェンジできます。

f:id:hipopocroco:20161026222344j:plain

そして、お値段1,160円!!思いのほか安上がりなプレゼントになってしまいました。そこで、ケーキをちょっと豪華ものにし、かわいいお洋服をつけたしてプレゼントということにしました。

やった~!!!

やっと、プレゼント決定。長かった。。。

届いたカルカットの使い心地は、、、、

f:id:hipopocroco:20161024133038j:plain

最高です。

*側面にジジのステッカーを貼りました。ここも詳しく書きたかったのですが、著作権などなど心配だったので割愛します。

今までは、100均のセロハンテープが切れなくてイライラしていた娘は、テープをはさみで切っていました。それが、このテープカッターを使った途端、、、

さくっ!!!

「おおおお!!!!」

思わず娘と目を合わせて感動してしまいました。

ビりっいう音じゃないんですよ、さくっていう軽い音なんですよ。テープの切れ味の音が。。。

おかげで娘の制作スピードも大幅アップ。

こんな作品や、

▼バースデーケーキ

f:id:hipopocroco:20161024133227j:plain

こんなもの、作っています。

▼ニンジンペン(ズートピア/主人公ウサギのジュデイが持つペン)

f:id:hipopocroco:20161024133444j:plain

こんなこともやらかしています。

▼アイフォンにイヤホンをセットしたところのようです。もちろんセロハンテープでペタリ。

f:id:hipopocroco:20161025164234j:plain

 そして、

勝手にこんなことや、、、、

f:id:hipopocroco:20161025165027j:plain

自分の絵をぺたぺた壁にはりはじめています。

こんなことも、、、、???

f:id:hipopocroco:20161025165712j:plain

これはいったいなんだ???よくよく見てみると、、、、

鍵穴だ!!

どうやら、なんちゃってカギ穴を作っていたようです。他のドアも見てみると、、、

f:id:hipopocroco:20161025231141j:plain

結局ほとんどのドアノブの下に鍵穴らしきイラストが貼られていました。1ヶ月以上たっているものと思われますが気が付かなかった。。。

言いたいことはたくさんありますが、毎日このセロハンテープを使いまくって、とにかくいろんなものを作りまくっています。こんなに愛用してくれるなら本望です。パッとひらめいたものをサッと形にすることができるテープとテープカッターは子どもの想像力を高めてくれること間違いなし。お嫁に行くときに持って行ってくれるかどうかは分からないけれど、嬉しいものです。

おわりに

そういえば、プレゼントを渡したときの様子について書き忘れました。

誕生日当日、夫と私が見守る中、お洋服とテープカッターのラッピングリボンが娘の手によってほどかれました。娘は、テープカッターとかわいいお洋服とバースデーケーキが目の前に登場しただけで大興奮!私としては「いいんかいこんなんで!?」と戸惑いが隠せませんでしたが、ノージー(Eテレ工作番組)が大好きな娘にとってはそれで良かったようです。ほっとしました。

*****

プレゼント選びって大変ですね。そうでない方もいるかもしれませんが、私はすぐに決められず迷ってしまいます。相手が困るようなものをあげちゃったらどうしようと思うと、なかなか購入できません。

ちょうど、このエントリーを書いている時にこんな記事を読みました。

俺から言わせれば、日々の生活のなかで何を買うのかということも十分に政治的だ。 後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)

(折々のことば)557 俺から言わせれば、日々の生…:朝日新聞デジタル

「何を買うのか」っていうことそのものに、その人の価値観が表れますよね。だから、子どもに何を買うかということが、ある意味親の価値観を押し付けているところもあるんでしょうね。うわ~責任重大。

それに、そもそも、「プレゼント」ってなんでしょう??たまたま、夫が偏屈な性格のおかげでいろいろ考えるようになりましたが、自分なりにストンと落ちる答えにはまだ出会っていません。ただ、年齢を重ねて思うことは、プレゼントってあげる方もパワーが必要ですが、もらう方もパワーが必要な気がします。きちんと相手の気持ちを受け止めるって結構パワーが必要じゃないのかな。そんなことを考えなくてもよい子ども時代が眩しく感じます。もしくは、大好き人からのプレゼントだったら、子どもの時のように無邪気に喜べるのかもしれませんね。

これからも、誰かにプレゼントをあげなくてはならない時に「きゃ~どうしよう」って悩むんだろうな。

「5歳娘の誕生日プレゼント迷走物語」は完結しましたが、私の「プレゼント迷走物語」は生涯にわたって続きそうです。次はクリスマスだ!どうやって夫を説得しようか。

 

それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー

 

スポンサーリンク