こどものあそび観察日記

こどもの充実した時間とはなんぞや!?

【デザインあ】10年後の娘にもう一度見せたい「SHOOT&EDIT」(作曲:コーネリアス/うた:LEO今井)

Eテレ「デザインあ」を見ている方に、いまさら、、と思われそうですが、ようやく娘がこの映像に興味をもつようになりました。今年の2月頃放送されたこの「SHOOT&EDIT」、最近また「デザインあ」で登場し、食い入るように見ていました。

まずは、こちら▼の映像をご覧ください。

NHKの番組紹介ページから、今ならまだ見ることができます。(2016年12月31日現在)

www.leoimai.com

この作品は、映像の撮影&編集技術を伝えるための曲ですが、そんなこと抜きにしてかっこいい。ベースの音もLEO今井さんも、超カッコいい。私としては何回でも見たい作品だったのですが、この作品が放映された2016年2月頃、4歳後半の娘の好みは、女の子っぽいひらひらしたのが大好きでカッコいいものは苦手という状態。ほとんど興味を示しませんでした。

ところが、5歳になり、ようやくこの映像の面白さに気づいたのか集中して見ています。

もともと、「デザインあ」は子どもに媚びることなく、デザインの良さを誰にでも分かるように、面白く・シンプルに伝えることに力が注がれています。娘は2歳から私の好みで強制的に見せていました。そのかいあってか、嫌がることなく5歳になっても定期的に見ています。「デッサンあ」や、「おもってたんとちがう」「ゴシックさんと明朝さん」「たぬき師匠」などのコーナーが特に好みらしいです。そんな「デザインあ」ですが、この「SHOOT&EDIT」だけは娘にとって異質だったようです。他のコーナーが映像でデザインの面白さを伝えているのに対して、これは男の人が歌っている。「ん?何か違う」しかも、「かわいくないし笑えない」ということでのれなかったのんだと思います。

しかし、ようやく、「ズームってなんだ?」「パンってなんだ?」「そうか、カメラのことを言ってるのか」ということが分かってきたようです。「じゃ、スローはゆっくり?」「ハイアングルは上からってこと?」「でもさ、ワイプって分かんない。これ何?」というように細かく見ることができるようになってきました。年齢も関係あるかもしれませんが、何回も見ることでようやく映像の内容を理解したこともその要因だと思います。

映像の撮影・編集の世界って娘には全く未知の世界ですから、この作品を理解するのは5歳の娘には難しい。でも、作品全体を通して説明的でなくて直感的に「これなんだろう?」って子どもが感じるように作られています。また、気持ちのいいリズムとカメラワーク、そして、画面下に現れる小さなアイコンをもとに、「こういうことかな?」って想像させる仕組みが考え抜かれているこの作品は、ほんとにすごいと思います。娘を映像世界への興味の入り口に立たせてくれて嬉しく思いました。

娘はまだ5歳。いつ「動画の編集をやりたい!」って言いだすんでしょうか。「デザインあ」のスタッフの方お願いです。どうかこの映像をいつまでも見られるようにしておいてください。永久保存版です。セサミストリートは、教育普及のためにYouTubeにガンガンアップロードしてるんだから、NHKもぜひって思うのですが、なかなか難しんですね。

本当は、他にも紹介したい大好きなコーナーの映像作品はたくさんあるのですが、うっかりしているとすぐに見られなくなっちゃうんですよね。この作品も、もうweb上では見られないと思っていたのですが、奇跡的にまだ公開されていたことに気づき慌てて記事にしました。こんな年の瀬に、季節感ゼロの記事で2016年の最後を締めくくるのはどうかと思いましたが、まあいいか。

▼制作の詳しい様子はこちらに書かれています。

SHOOT&EDITなひとたち | 白田宏美 | デザインあ ブログ:NHK

スポンサーリンク

 

 

おまけ

タイトルの内容からはズレますが、「デザインあ」に関連した私の好きなものたちを、だらだら書いてみます。

「文字ハンティング」

文字ハンティング - デザインあ | NHK

これ、動画が見られなくてとっても残念です。もともと、「ゴシックさんと明朝さん」コーナーからのスピンオフ映像作品です。ゴシックさんと明朝さんが街に繰り出して、様々な文字を発見する様子を歌と映像にした作品ですが、映像もさることながら、この曲が大大大好きです。歌っているのは、Jan and Naomiコーネリアスの曲によく合っています(でも、作詞作曲の表記が見つからない。多分コーネリアスだと思いますが、、、違っていたら教えてください。)

 ▼Jan and Naomiさんの作品です。

Leeloo and Alexandra [帯/歌詞付/国内盤CD] (HBRCD-002)

Leeloo and Alexandra [帯/歌詞付/国内盤CD] (HBRCD-002)

 

 

コーネリアス小山田圭吾

コーネリアスは、「デザインあ」の音楽を担当している方です。この番組が始まった時、フリッパーズ・ギター小山田圭吾が、まさか子ども向けなんて。。。とびっくりしたのを覚えています。ところが、いざ、見始めると違和感なし。コーネリアスとして発表してきた曲の雰囲気がものすごく映像とマッチしてて心地良い。しかも、「デザインあ」がスタートしてもう5年が過ぎるのに、飽きる気がしない。年数がたってもいい曲がどんどん生まれるってすごい才能だな~と思います。ただ、曲の作者が明確に明記していないものが多いので、本当に全部コーネリアスが作ったかどうかは定かではないのですが、多分そうじゃないかなと信じています。

▼昔のコーネリアスの曲。今聞くと、「デザインあ」っぽいって思うけど、当時は夜静かに聞く大人の曲ってイメージでした。好きだったな~この曲。若い頃、思わず買ってしまった。

「Drop」2002年


CORNELIUS - Drop - Do It Again

フリッパーズ・ギターの代表曲「恋とマシンガン(1990年)」。なんと、「逃げ恥」オープニングテーマを歌っていた、チャランポランタンがカバー(2016年)していました。女の子が歌うことで曲の雰囲気がより甘く感じます。これはこれで好きだなー。


チャラン・ポ・ランタン / 恋とマシンガン(short ver.)

▼2013年に発売された「デザインあ」の音楽CD。このアルバムが発売されてからの方が好きな曲が多いです。そろそろ、第2弾のCD発売されないかなと期待しています。

NHK「デザインあ」

NHK「デザインあ」