読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどものあそび観察日記

こどもの充実した時間とはなんぞや!?

Google翻訳を使って英語で遊ぶ(6歳)

娘は英会話を習っていません。子どもに英語教育は、、、となると、熱心ではありません。いろんな記事を読ませていただいてこんなやり方があるんだ~と感銘は受けるものの実践できないままです。

そんな我が家ですが、娘は最近「えいごであそぼwith Orton」を毎日見るようになりました。この番組は、発音の仕方を丁寧に教えてくれます。最後にdボタンを使ったクイズなども娘のやる気を高めてくれていますし、前回のBEAちゃんとBOちゃんが出てた番組より分かりやすいと本人は言っています。私は、以前のできるだけ日本語を少なくした番組構成が好きだったので、Ortonが始まった時は悲しかったです。

私も、最近英語を母国語とする方と打ち合わせをする機会が増え、なんだかんだ英語を使わなくてはならない状況に追い込まれています。英会話は嫌いではありませんが、そもそもの基礎的学力が低いのでここはアレに頼るしかありません。

それは

Google翻訳

アプリの英語翻訳の性能がどんどん上がっていることには目を見はります。しょっちゅう使っているので、娘がこれ興味をもち始めました。もちろん、日本語の入力の仕方によっては残念な翻訳結果になりますが、しゃべりたい内容を補うのにはとても強い味方です。

そこで、娘も私も英語が少し身近になった今、もしかして、これで遊べるんじゃないか?と思うようになり、いろいろ試してみました。

Google翻訳について

遊んだ様子を書くまえに、google翻訳について簡単に説明します。

PCでもGoogle翻訳は使えますが、スマホアプリ版の方が使いやすい。もしかしたらiPhoneだったら、もっと他の良いアプリがあるかもしれませんが、Androidユーザーの私にとっては、Google翻訳アプリが使いやすかったです。

Google 翻訳

Google 翻訳

  • Google, Inc.
  • 辞書/辞典/その他
  • 無料

play.google.com

アプリの使い方はこんな感じです。

▼アプリを立ち上げるとこんな画面が出てきます。

日本語をで入力すると、英語に翻訳されますが、今回は音声入力を利用するので、真ん中部分のマイクをタッチすると、、、

f:id:hipopocroco:20170525225431j:plain

 

▼こんな画面になります。たいてい、日本語で音声入力をするようにセットされているので、下のEnglishボタンを押します。

f:id:hipopocroco:20170525225415j:plain

▼この画面になったら始められます。

f:id:hipopocroco:20170525225327j:plain

普段使うときは、テキスト入力が多いですが、娘の時は音声入力で遊びます。

Google翻訳で遊ぶ様子

もう、お気づきかと思いますが、娘と遊んだ遊び方は、

決めた単語をキチンと早く認識させられた方が勝ち

という超単純簡単ゲームです。発音がきれいなお子さんならゲームになりませんが、我ら親子のように英語の発音が怪しいと、正しい英語が認識されるまで時間がかかるので結構面白いのです。

例えば、最初のお題はboat

まずは、娘のチャレンジです。

▼ボート boatといったはずなのに、なぜかポンピングと認識されちゃいました。

f:id:hipopocroco:20170525225156p:plain

▼次は、なぜか、バグ。。。。って認識されている。横で聞いていても、娘はちゃんと、boatと言っているように思えるんですが。

f:id:hipopocroco:20170525225248j:plain

このあと、but に認識され正解にちょっと近づきました。

そして、ようやく、

boat!!正しく認識されて大喜びです。 

f:id:hipopocroco:20170525225213p:plain

ちなみに、私は一回でクリア。めでたくお母さんの威厳を保つことができましたが、結構難しいです。

あと、雷のThunderなんて、全然認識してもらえなくて、二人で苦労して競い合いました。

ここまで読んでお気づきの方もいるかと思いますが、娘とGoogle翻訳で遊ぶ単語はすべてOrtonに登場したものです。続くかどうか分かりませんが、Ortonで出た単語を毎回このGoogle翻訳で発音チェックするのもいいかもしれませんね。

とはいっても、どこまでGoogle翻訳を信用してよいかという疑問もありますが、ちょっと遊ぶ分には面白いです。

おわりに

以前、こんな記事を書きました。 

hipopocroco.hatenadiary.com

娘に、英語が嫌いと言われてどうしようかと思っていましたが、ズートピアのおかげで嫌いではなくなったようです。その後、めちゃめちゃですが、主題歌の「TryEverything」を英語で歌って満足しています。英語とはとても思えない発音ですが、気分よく歌えているつもりになっているのはかわいいものです。そして、今年の4月からEテレOrtonを毎日ポイントをもらうために見ています。

いつか、英語でしゃべれるようになりたい!と強く思う日が娘に来たらなんとかしてあげようかなと思います。その前に、「あ~、やっぱり英語を習わせたい!」と強く私の方が思う日が来るのかもしれませんが、今のところそんな切実な気持ちが沸いてこないので、保留です。英語を嫌いにならずなんとなく身近に英語がある状態を保っていけたらいいな~と思っています。

それにしてもGoogle翻訳のおかげで、こんな私でもいろんな国の方とお話ができます。娘が大きくなった時はどうなってるんだろう。

スポンサーリンク

 

関連記事 

hipopocroco.hatenadiary.com

おまけ

www.nhk.or.jp

Ortonは娘にとって面白いのかな?と疑問に感じていました。昨年度までの「えいごであそぼ」は幼稚園に入ってから絶対見なかったのに、今ではOrtonを毎日楽しみにしているところをみると、娘の興味が惹かれるような仕組みができているんですね。でも、すべて英語で会話をしている子ども向け番組もそのまま残してくれたらよかったのに~なんて思ってしまいます。

 

「ルルとララのいちごのデザート」を読んでイチゴの絵の具を作った(6歳)

娘が「イチゴの絵の具を作りたい」と言った。

イチゴの絵の具とは、ルルとララシリーズに登場するイチゴのソースのことです。 娘はイチゴが大好きです。さらに、イチゴ味のおやつも大好き。この本はそんな娘にぴったりでした。

ルルとララはまだ小学生。小さなお菓子屋さんを開いています。そこに、いろんなお客さんがやってきて物語が始まります。

Eテレ「クックルン」や「プリキュア☆アラモード」が大好きな娘にとって、この本が嫌いなわけがない。そう思って、児童書に慣れた頃まずは図書館で借りてみました。ちょっと文字数が多い本なので娘にとっては挑戦でしたが、ねらいどおり、はまってくれました。

そして、冒頭の言葉が出てきます。

「イチゴの絵の具が作りたい」

そこで、こんな風に作ってみました。

用意したもの

  • 裏ごし用の網 もしくは網でできたざる
  • すりこ木
  • スプーン
  • 小さいボール
  • イチゴ 7粒くらい
  • 砂糖 大さじ2杯くらい(好みで)

*ちなみに、裏ごし用の網・すりこ木・小さいボールは、娘の離乳食を作る時に使ったものです。写真はAmazonのサイトにリンクされています。

ピジョン 調理セット 離乳食用

作り方

  1. 網の中に、イチゴをのせてスプーンで切る
  2. イチゴが小さくなったらすりこ木でする
  3. 砂糖を入れて混ぜる
  4. 電子レンジ600wで20秒くらい温めて混ぜる

完成!!

f:id:hipopocroco:20170513230112j:plain

娘の様子

物語に登場するお菓子が作れるというだけでもうワクワクです。「今日イチゴの絵の具を作るって約束したでしょ!まだ?まだなの?いつになったら作るの???」とずいぶんせかされました。

作り方も簡単なので、気持ちよく自分一人で作り上げた満足感がありました。ただ、力がなく、きれいに擦りつぶるのは難しいようです。仕上げは私が力任せにゴリゴリやりました。こしきれなかったイチゴの残りも砂糖をかけて食べましたが、美味しかったです。

出来上がったイチゴの絵の具は、白いミルクゼリーにかけて食べました。やっぱり、白にピンクは映えますね。絵の具のように落書き、、、とまではいきませんが、スプーンでのばしたりして、食べながら遊んでいました。

他にも、ホットケーキやフレンチトーストとの相性は抜群です。普段食べているおやつが大好きなイチゴ味に変身して大満足でした。

おわりに

気が付けば、一人で本を読む時間が増えてきました。今日も、「寝る前に本を読んであげようか?」と聞くと、「いい。自分で読むから。」と言われてしまいました。読み聞かせをスタートさせた2歳くらいの時は、「読んで 読んで」が止まらなくて本当に苦労しました。その時のことを振り返ると少し寂しくも思います。

私は絵本を読んでもらった記憶がないばかりか、絵本そのものが家にほとんどありませんでした。そのせいかわかりませんが、現代文のテストはいつも悪かったような気がします。大人になってかなり矯正されましたが、文章を書くにも時間がかかってしまいます。日々、他の方の文章を読んでうっとり眺めるばかりです。自分のようになってもらいたくないという潜在的な意識が読み聞かせを後押ししたのかもしれません

以前こんなことを書きました。

【夜寝る前の読み聞かせ】

  • 1-2歳 絵本10冊が限度で読む(読まない日もある)
  • 2-3歳 毎日絵本5冊 
  • 3-4歳 毎日絵本3冊
  • 4-5歳 毎日絵本2,3冊&漫画 

*小さい頃の方がすぐに読める分、冊数も多かったです。さすがに3歳くらいになると文字量も多いので、減りました。

hipopocroco.hatenadiary.com

今では、ルルとララシリーズ、おばけのあっちシリーズ、マンガなどが大好きで、一人で黙々と読んでいます。でも、完璧に理解しているかどうかはあやしいので油断できません。一人で読んでいる時間も大切ですが、本当に物語を理解しているか読み聞かせをしながらチェックしてあげるのは必要だな~と感じています。

今週のお題「おやつ」

スポンサーリンク

 

関連過去記事 

hipopocroco.hatenadiary.com 

hipopocroco.hatenadiary.com

 

 

鍵盤技術の忘却曲線(5歳)

娘はヤマハに通っています。練習嫌だ~と言いながら、なんだかんだ言って毎日練習しているところをみると、嫌いではないようです。ただ、鍵盤の練習って”遊び”の対極にある”訓練”のようにも思えるので、私のブログテーマからは外れるような気がするのですが、、、子どもの観察という意味では面白い発見があったので記事にしました。

こんなことがあった~数週間の外泊

こんなことがありました。娘は持病があるのでしょっちゅう入院をします。数週間は当たり前です。(この話はまたいつかどこかで。)毎日練習していたのに突然のピアノの練習の中断。でも、家に帰ったらまた毎日練習するんだろうな~と思ったら、びっくり。数週間前には軽々ひけた曲がまっっったく弾けないのです。

それを機に一気に自信を無くしてしまいました。

「こんなの簡単カンタン!!!」

って調子よく弾けていた曲がのきなみ全滅です。

親子でビックリ(+_+)

ちなみに、リトミックを終えて鍵盤の練習をスタートしてから約1年が過ぎた当時の技術はこんな感じでした。

 

  • 簡単な両手の曲が弾ける。(左手が和音の曲も弾ける)
  • ♭がつく曲の和音も弾ける

 

それが、全滅。。。。。

弾けるのは右手のメロディーがやっとでした。

以前簡単カンタンと言っていた曲が同じように弾けるまで2,3週間かかりました。やる気が急降下したことで練習するのも嫌になっちゃったのもその原因です。

メロディーは覚えているのにここまで極端に指が動かないって不思議でした。

こんなことがあった~半年前に弾けてた曲が弾けない

半年前に弾いていた曲は、まだ左手が和音になっていない簡単な両手奏でした。今の方が断然難しい曲です。なので、久しぶりにあの簡単な曲弾いてよ!とリクエストすると、「弾けない」と泣き出してしまいした。びっくり(+_+)です。メロディーは覚えているのに指が動かないんだそうです。でも、リクエストした当時、娘は毎日鍵盤の練習はしていていろんな曲をマスターしている頃でした。毎日練習しているから指は動くはずと思うのですが、そうはうまくいかないようです。

技術の忘却

例えば、自転車やスキーって一度できるようになったら、久しぶりでもすぐにカンが取り戻せるような気がしますが、鍵盤ってそういうものでもないようですね。いろいろな出来事の記憶はゆっくり緩やかに忘れ去られていくような気がしますが、ピアノ技術は、練習しなかったら崖のように一気に急降下する忘却曲線を描いているように思えます。ピアノの先生が、毎日5分でも鍵盤を触ってくださいという意味がよーーーく分かりました。逆に、5分でも毎日続けることが上達への道であることも強く実感しました。

半年以上前に見た映画のキャラクターの名前は憶えているのに、鍵盤の弾き方は忘れるって本当に不思議です。脳の記憶のメカニズムは複雑なんですね。

おわりに

数週間の外泊で、思うように弾けなくなった娘は「もうピアノやめる」と、すっかり自信を無くしてしまいました。娘の意見を尊重したいところですが、どうもひっかかります。すぐに諦めちゃうことを容認してよいものか。

もともと、ピアノが弾けるようになってもらいたいというより、集団に慣れることが目的だったのでいつ辞めてもいいやと思っていたのに、娘の「もうやめる」発言を聞いて、逆に「これは辞めさせたくない!」と強く思うようになりました。

今まで普通にできていたことが、病気のせいでできなくなる日が来る状況はこれからもたくさんあります。そんな時に、また立ち向かえる子になってほしいと思わずにはいられません。

一度できなくなったことを、もう一度練習して、まだできるようになって、そしてまた楽しくなって自信が生まれる。そんな経験をさせてあげたいな~と思いまいした。 

 

でも、長期間家を離れるときは、こんなキーボードがあっても楽しそう。出先で使えるのはありがたいと、妄想していました。

■ロールピアノ

弾き心地はよくないけれど、ちょっと練習するには良さそう。

■電子キーボード

ミニ鍵盤だけど、ないよりはマシ。以前隣のベッドのお姉ちゃんがこのキーボードで練習していました。入院中、長い回復期の時は意外に暇だったりするので鍵盤練習は意外にいいのかもしれません。

カシオ 電子ミニキーボード 44ミニ鍵盤 SA-76 ブラック&オレンジ

カシオ 電子ミニキーボード 44ミニ鍵盤 SA-76 ブラック&オレンジ

 

スポンサーリンク

 

関連過去記事


hipopocroco.hatenadiary.com

hipopocroco.hatenadiary.com

「でるとる」でぬりえが丁寧になった(5歳)

ぬりえに興味をもつ年齢の親御さんなら一度は見たことがあると思います。

その名も

『でるとる』

www.sun-star-st.jp

サンスター文具から発売されているぬりえなのですが、下の商品写真のように『でるとる』マークがついているものです。

サンスター文具 キラキラ☆プリキュア アラモード B5 ぬりえ A柄

最初は面倒だな~と、思っていたのですが使ってみると面白い!

さらに、今まで「雑でもいいのっ!」と、塗っていた娘の塗り絵のクオリティが一気に上がりました。

それもこれも、『でるとる』での失敗がきっかけです。

今回は、『でるとる』での失敗をきっかけに、ぬりえに夢中になった様子をまとめてみます。

でるとるの使い方

HPに詳しい使い方が載っていますが、簡単に使い方を説明すると、、、

『でるとる』と書かれたページを色鉛筆で塗り絵をし、『でるとるアプリをダウンロードする。』アプリを起動させて、画面を合わせて写真を撮る。

すると、自分が塗った絵がスマホ画面で浮き上がりフォトスタンプができます。

でるとる

でるとる

  • Sun-Star Stationery Co., Ltd.
  • エンターテインメント
  • 無料

play.google.com

『でるとる』失敗の巻

塗り絵の『でるとる』と書かれていたページを色鉛筆で塗り、アプリを使って適正位置で写真を撮ろうとすると、次のように青になります。
f:id:hipopocroco:20170521160353j:image

もし、適正位置でなかったり、はみ出すぎていると次のように赤になります。
f:id:hipopocroco:20170521160453j:image

無事、青になったので、よしよしと思いアプリの言う通りに手順を進めてみると、、、、
f:id:hipopocroco:20170521160613j:image

こんな、残念な姿になってしまいました。

浮かびあがって興奮していただけに、親子共々ショックです。「こんなのつまんなーい」

と娘はブウブウ文句を言いますが、よくよく見てみるとあることに気が付きました。

もしかしてこれ、

色が薄いんじゃないか??

もう一度「もっと濃くしっかり塗ってみたら」とぶうたれている娘を励ましながらやらせてみると、、、
f:id:hipopocroco:20170521160947j:image

無事、ペコリんが登場して娘は大興奮。わたしのスマホを使ってたくさん写真をとっていました。

成功した『でるとる』で遊んでみる

一度成功して、もっとやってみたい!という気持ちに火がつきました。

そこで、次はプリキュア5人組のページに挑戦。

丁寧に塗ったので、一回でアプリに認識してもらえました。
f:id:hipopocroco:20170521162004j:image

そして、「いちかちゃん」の声とともに、元気なプリキュアスマホ画面にうきでてきました。
f:id:hipopocroco:20170521162110j:image

その後は、写真撮影会です。家の中の身近なものやぬいぐるみとともに写真をとりました。それだけでは、物足りなくなり、外でも写真をとって遊びました。

その作品たちがこれ。

ツツジの中のプリキュア
f:id:hipopocroco:20170521162345j:image

お花とイラストって悪くないかも。

■地面に降り立つプリキュア
f:id:hipopocroco:20170521162413j:image

これから戦いが始まりそうな感じの場面っぽくなりました。

■青い壁の前に立つプリキュア
f:id:hipopocroco:20170521162452j:image

娘がチョイスしました。あおいのはバケツなんですけどね。

おわりに

「しっかり塗らないとプリキュアが浮かび上がらない!」という、丁寧に塗るための動機付けができたのは、『でるとる』のおかげです。今では、空前の塗り絵ブームが到来し、いろんな塗り絵のキャラを片っ端から塗りまくっています。また、写真を撮るのも楽しいらしいです。ここでは紹介できませんでしたが、家の中のぬいぐるみwithプリキュアのように、自分のお気に入りアイテムとコラボさせては喜んでいます。

『でるとる』がぬりえが好きになるきっかけになりました。

 

それにしても、、、どうか、プリキュアには、はまらないで~と思っていた母の願い虚しく、娘はプリキュア大好き少女になりました。あのキャラクターデザインが私は苦手でしたし、それらのグッズが家の中に溢れるのが嫌だなーと思っていたのてすが、不思議と慣れるものなんですね。主題歌も歌えるようになってしまいました。自分でもビックリです。

 スポンサーリンク

 

 

参考

塗り絵の価格は、200円くらいです。

サンスター文具から発売されている、プリキュア ここたま ガラピコ ウルトラマン 戦隊ものなどが対象になっています。

*以下の商品写真は、Amazonのサイトにリンクしています。 

サンスター文具 キラキラ☆プリキュア アラモード B5 ぬりえ B柄

サンスター文具 宇宙戦隊キュウレンジャー B5 ぬりえ A柄

サンスター文具 B5 ぬりえ ガラピコぷ? 4620582A

サンスター文具 B5ぬりえ ヒミツのここたま B柄 4620579B

サンスター B5ぬりえ E柄 ウルトラヒーロー ウルトラヒーロー 4620222E

無印のスタンプでオリジナルノートを作る(4歳~)

無印には大変お世話になっています。食器から洋服から家具から文具までじっくり見たい、大好きなお店です。でも、娘を連れてお買い物は難しいです。私が無印のお店が好きなことを分かっているので、「え~また待つのぉ~嫌だ。行きたくない。」そんな不平不満をぶちまけます。確かに、娘にとってはあまり楽しい場所ではありません。

でも、ノートを買う時だけは喜んでついてきます。

 

それは、こんなサービスがあるから▼

スタンプサービス | 店舗サービス | 無印良品

 

買った商品などにスタンプを押してカスタマイズすることができるのです。

 

私は無印のA5のノートが大好きで、使っているノートは全部これです。アイデア帳、日記帳、イラストメモなどなど、用途毎に何種類も使います。持っている鞄にも入れやすい大きさで大変重宝しています。そして、そのノートの表紙は無印ならではの超シンプルさ。このハンコが登場するまでは、適当にイラスト描いて目印にしていましたが、娘が生まれハンコを押せるようになってからは、娘がスタンプしたノートを使っています。

やたらめったら押したくてたまらないお年頃の時は、さすがに遠慮して近寄りませんでしたが、4歳くらいで無鉄砲なことがだいぶおさまり、上手にハンコが押せるようになってきたのでよく利用しています。

娘が押したスタンプはこんな感じ。

 

■4歳の時に押したもの

f:id:hipopocroco:20170509001242j:plain

上手に押せるというのは、テーブルにはみ出さずに押せるということで、きれいに押せるとはまた違うんですよね。力の加減が分からないのか、やっぱりムラがあるけれど、娘が得意げに押している姿が忘れられません。しかも、これは友達も一緒にスタンプしていた思い出のノートです。これに、いろんなことを書きました。

 

■5歳の時に押したもの

f:id:hipopocroco:20170508233426j:plain

丁寧に、じっくり押していました。おかげできれいに押せて二人で大満足です。

でも、ハンコを選ぶチョイスが謎ですね。どうしてカギを選んだんだろう。しかも、握手のアイコン?なんで?

 

ミロコマチコさんのスタンプが登場

写真に写っているかわいい動物のスタンプ。ミロコマチコ作とは、どこにも書いてないのですが、無印でワークショップをされていたことと、この画風からミロコマチコさんで間違いないと思われます。

わたし | ミロコマチコ - mirocomachiko web site(公式HP) 

ミロコマチコ - Wikipedia

彼女の何がすごいって、娘が見ても「これミロコマチコさんの絵だ!」と分かるところです。このスタンプも私より先に娘の方が気づきました。でも、期間限定なのでお気を付けください。(2017年10月末日まで)

f:id:hipopocroco:20170509001449j:plain

 

f:id:hipopocroco:20170509001505j:plain

 

スタンプで押す作業は5分くらいです。スタンプで遊ぶとも言えないくらい短い時間ですが、大人の買い物の時間に少しでも子どもがワクワクすることがあるのはいいですね。娘が笑顔になると、私もふっと肩の力が抜けます。

 

紆余曲折を経て、娘を保育園に預けて働く生活から私は脱落。今は、家事育児に追われながらですが、新たな試みにいろいろ挑戦しては撃沈しています。(ブログのことではありません。記事にしていない全く別のことです。)怠けたかったり、能力が付いていかず諦めそうになった時、娘が押したスタンプを見るともうちょっと続けてみようかと思ったりします。

スポンサーリンク

 

おまけ

無印良品は、子供向けのイベントを定期的に行っています。

イベント | 無印良品

店舗にもよりますが、よくいくお店では季節に応じていろんなイベントをやってくれます。エコバッグを作ったり、カードを作ったりしました。娘にとって母のお買い物の付き合いほど嫌なものはないそうです。でも、行かないわけにはいかないし、私は行きたい。そんな時、イベントがあると連れ出しやすくなるので本当にありがたいです。 

カラオケデビュー(5歳)

今週のお題ゴールデンウィーク2017」

カラオケは飲み会とのセットというイメージが拭い去れなかったのですが、歌好きの友達が「最近は子連れでも楽しめるようにすごく工夫されてるよ!」と、最近のカラオケ事情について詳しく教えてもらいました。今まで行ったお店にも、子ども向けのいろんなサービスがあったはずなのですが、子どもとカラオケに行くという考えがなかったので気がつきませんでした。大きな音で音楽をかけるなんて、子どもの耳に悪くないかな?うちの子は楽しめるんだろうか?でも、子ども向けサービスがきちんと提供されているというなら、ちょっと試してみたいな~。なんて迷っているうちに、半ば強引に連れていかれる形でその友人家族とともに娘もカラオケ初体験しました。

行ってみると、予想以上に楽しい。 

  • 子ども向けの歌がたくさんある。
  • アニメ映像がある(機種によるが)。
  • マイクで歌うのが楽しい。

すっかり娘はカラオケが大好きになり、今度はお父さんと一緒に行きたい!!と、娘の強烈なリクエストで家族でカラオケに行くようになりました。 

どんな歌を歌うのか?

カラオケでどんな歌が歌えるんだろう?だいたい1時間ももつかな?といろいろ疑問だったのですが、それが、まあすごく歌えるのです。音程やリズムはかなりあやしいのですが、気持ちよさそうに歌っています。幼稚園でいろいろネタを仕入れていることは実感していましたが、想像以上でした。私がメロディーのガイド役を務めなくてはならないのですが、歌うことはやっぱり好きなんでしょうね。

娘が好んで歌う歌の例はこんな感じです。

なんだかんだで1時間30分はあっという間に過ぎました。時々、私や夫の好きな歌を歌って娘には休憩させながら遊びました。家の近くのカラオケやさんではキッズルームがありません。大丈夫かな?と心配だったのですが、全然問題ありませんでした。歌を歌うのが好きだから、マイクを持ったり踊ったりするだけで嬉しいらしいです。

それにしても、「なんで、”逃げ恥”の『恋』が歌えるの?」(めちゃめちゃですが、雰囲気はあっています)と聞くと、幼稚園で流行っていたとのこと。恐るべし幼児の世界です。

子どもに向いているカラオケ機種

友人に進められた機種はこれ!

LIVE DAM STADIUM

子どもたちは、PPAPのピコ太郎登場に大興奮でした。さらに、「アナ雪」の映画のワンシーン登場にびっくりです。

キッズでんもく

LIVEDAM STADIUMには、SmartDAMというタブレット型端末機がついていました。この機種だと子ども向けのページが充実しています。「キッズでんもく」ページでは、タブレットのようにおえかきなどで遊ぶこともできます。

LIVE DAM STADIUM :「あの曲」もスマートに検索

ディズニー映像

ディズニーアニメの映像とともに歌えるのは本当にありがたいです。「アナ雪」だけでなく「ズートピア」もありびっくりしました。こちらに、映像一覧があります。

LIVE DAM STADIUM:ディズニー映像特集

アンパンマン映像

最近はもう見なくなりましたが、このアンパンマン映像を知っていたら3歳でもカラオケに行っていたかもしれません。いや、発言撤回します。アンパンマンの無限ループをカラオケで、、、というのを想像したらやっぱり行きたくないです。いろんな歌を知って、歌うことを楽しめるようになった5歳という年齢でちょうどよかったです。

LIVE DAM STADIUM :アンパンマン映像

その他キッズ特集

他にも、いろんなキッズ特集がされているようです。

キッズ特集一覧

****

他の機種でも試したことがあったのですが、子ども向けという意味では、このLIVEDAM STADIUMは良かったです。やっぱり、アニメ映像が豊富なのは嬉しいですね。ただ、曲の数は他の機種の方が多いかもしれません。

ひらがなとカラオケ

今まで意識していなかったのですが、ものすごーくカラオケってひらがなが読みやすいんですね。漢字にはたいていルビがふってあります。しかも、子どもが歌う歌って、耳になじんだものばかりです。あやふやに歌っていたものを字幕を追うことで初めてこんな意味だったんだと気づくことも多々あります。娘は本が大好きで、簡単なものなら音読・黙読しますが、ちょっと難しい本だと面倒に感じているようです。娘のように、まだまだ「読み」が苦手なお年頃の子どもの音読の練習にいいかもしれませんね。

さらに、SmartDAMでは子ども用の検索機能がついています。それが秀逸なんです。

タッチパネルのあいうえおが、ちゃんと右から縦に並んでいます。一般的なあいうえお表の配列順を完璧に踏襲しています。「や ゆ よ」「わ を ん」がちゃんと一個とばしに並んでいるなど、当たり前のことがちゃんと当たり前にできているというのが好感がもてました。いつも見ているひらがなのあいうえお表と同じ配列だから、娘に好きな曲を検索させることも可能です。そういえば、まだPCやスマホで文字を入力させたことがありませんでした。カラオケで初めて検索を覚えたことになります。

注意したこと

子ども向けのサービスが充実しているとはいっても、もともとは大人の娯楽であるという認識は払拭できない頭の固い私です。なので、いろいろ気をつけました。 

  • 夜は行かない 空いている時間帯をねらう
  • 音の大きさに気を付ける
  • スピーカーの近くに座らせない
  • 無駄にマイクで遊ばせない
  • 2時間以上は行かない

やっぱり無駄なトラブルはおこしたくありません。 

お父さんと娘のデュエット曲

母である私は絶対邪魔しちゃいけないと聞く側に徹した曲があります。大人になったら絶対この感動はありません。それは、なんといっても、

崖の上のポニョ

父と娘が一緒に歌う感じを知るために、博報堂の社員としてスタジオジブリの映画の宣伝を担当していて、藤岡藤巻のユニット名で歌手活動もしている藤巻直哉に頼んで合わせてもらったところ、こちらもイメージ通りで、最終的に藤岡藤巻と大橋のユニットでCDを出す事に決定した。

崖の上のポニョ (曲) - Wikipedia

とあるように、お父さんと娘が歌うのにはぴったりです。歌を上手に歌えるようになったばかりの娘の声はあまりにも可愛すぎますし、そんな娘の姿を微笑ましく思いながら歌うお父さんは普段家で見る姿とは違います。そんな二人の世界は今この瞬間しかありません。普段子どもの記録として動画はあまりとらないのですが、こればかりは思わず動画をとってしまいました。 

崖の上のポニョ サウンドトラック

崖の上のポニョ サウンドトラック

 

スポンサーリンク

 

おわりに

今年のGWは、「家族みんなゴロゴロしよう宣言」を夫がしました。でも、娘がゴロゴロして過ごすわけもありません。公園などでも遊びましたが、「せっかくの休みなんだからお父さんとも遊びたい~」と訴えます。お父さんは疲れて公園にいくパワーもなし。そんな時に、近くのカラオケに家族で行くのはとてもいい気分転換になりました。カラオケも疲れるんですが、夫曰く、「娘と一緒に走り回るパワーはない」そうです。天気が悪い日でも家族で遊びに行ける場所が一つ増えて嬉しく思います。次は梅雨時に行こうかな。

子どもとデジタルアート

新しいものが好きということもあり、いろんなデジタルアートを子連れで体験してきました。最近、デパートやショッピングモールでも企画が行われるようになってきて身近になってきたように思います。

今回は、これまで娘が体験してきたデジタルアートを振り返ってみたいと思います。

 

その前に、デジタルアートとは?

デジタルアート(Digital Art)は、コンピュータを使ってデジタル形式で芸術作品を作ること。デジタル芸術デジ絵などと呼ばれることもある。デジタルアート - Wikipedia

ゲームや映画もデジタルアートの一部ですし、NHKEテレでも多用されているように思います。ここで取り上げたいのは、会場まで足を運んで体験したもの、このアーティスト・団体の作品なら子連れで体験させたいと思うものにしました。

*でも、デジタルアートという言葉自体が適切かどうかが疑問です。今後、訂正するかもしれません。メディアアートだと、広くなっちゃうし、インタラクティブアートでもあるけれど、収集つかなくなるのでとりあえずここでは、デジタルアートという言葉を使いたいと思います。

チームラボ

www.team-lab.net

このチームラボがしかける、未来の遊園地はほんとに楽しかったです。

island.team-lab.com

大人が見てもすごいと思いましたが、子どものために企画された展覧会でした。当時、まだ3歳だった娘と行ってきました。 あれから、2年たちましたがお絵かき水族館のような技術はあちこちで見かけるようになりました。これからもっと身近なアートになっていくのかもしれません。また、都内だけでなくいろんなところで「未来の遊園地」順次開催されていくようです。

話は少しそれますが、すでにおえかきすいそう ピクチャリウムという商品が発売されています。

おえかきすいそう ピクチャリウム

おえかきすいそう ピクチャリウム

 

これはiPhoneを使って、自分が描いた魚や魚のえさの絵をデジタル化し、水槽の中で動かすというおもちゃです。すごく欲しいのですが、私のスマホandroidなので使えません。残念。

関連過去記事▼

『チームラボ "踊る!アート展"と"学ぶ!未来の遊園地"』で遊んできました! - こどものあそび観察日記

 

ココノヱ

9ye.jp

私が参加したものは、ゲーム性が強いインスタレーションが多かったです。自分が描いたイラストがゲーム画面に表れてバトルする様子に娘は興奮していました。こちらの会社もこれからどんどん発展していくような気がします。

しかも、気になるのが、岡山に会社があるということ。私自身超ど田舎で育ちました。いきたい展覧会を見に行くために数時間電車にのるような経験をしています。アート環境に恵まれていない場所の多くの子どもたちにも体験できるような仕組みを作ってくれないかと密かに期待しています。

関連過去記事▼

coconoe 「らくがきミュージアム」でどう遊ぶ?(4歳) - こどものあそび観察日記

 竹村真一 + Earth Literacy Program『触れる地球』

www.youtube.com

「触れる地球」は、“地球目線”でものを見て考える、文字通りの「地球人」を育てたい——。そんな思いから、発案者竹村真一京都造形芸術大学教授、Earth Literacy Program代表)が中心となって開発した、世界初のインタラクティブなデジタル地球儀です。

リアルタイムの気象情報や地震津波、渡り鳥など生物の地球移動、大気汚染、地球温暖化など、生きた地球の姿を実際の地球の1000万分の1の球体にダイナミックに映し出します。

引用:触れる地球ミュージアム

 

この作品を見たのは2013年。現代美術館で開催されていた「うさぎスマッシュ展」でした。当時、まだ娘は2歳だったので、地球って何??の世界です。その彼女が地球儀にくっついて動かして遊んでいました。5歳現在、世界について興味をもち初めているので、今見せたらもっと楽しいと思っています。小学校に入って勉強がスタートし始めたら、さらに、地球のことが面白く感じるのかもしれません。知的なことを楽しいと思えるようになる時期にこういう作品に出会えたらなんだかいいな~と思いました。娘はちょっと早すぎました。

あれから、4年ほど経ちましたが、多くの場所で展示されていることにびっくりです。娘が夢中でべたべた触っていたあのでっかい地球儀。娘は先見の明があったようです。最後に展示されている場所の一覧をのせておきます。

関連過去記事▼

『うさぎスマッシュ展 世界に触れる方法』に行ってきました - こどものあそび観察日記

アナグラのうた 消えた博士と残された装置

アナグラのうた日本科学未来館 公式HP)


常設展示『アナグラのうた 〜消えた博士と残された装置〜』

 

科学未来館の常設展に展示されている作品の一つですが、これはぜひ体感してほしい。簡単にいうと、デジタルスタンプラリー(私が適当につけた造語です)のようなものです。入場チケットを機械に入れると自分のアバターができます。そのアバターを使ってデジタルスタンプ(?)のようなものをゲットします。でも、ただスタンプをゲットするだけでなく、未来を感じさせる問いかけが哲学的でいろいろ考えさせられます。娘はさすがにそこまで深く物事を感じることができませんでしたが、説明書のない不思議なテクノロジーをどうしたら攻略できるか自分なりに考えていました。

▼こちらに制作に関わった素晴らしいクリエーターの方々の一覧が掲載されています。ゲームに詳しい方なら飯田和敏さんと聞けばああ~と思う方もいるかもしれません。(お恥ずかしながら私は初めて知りました。)

優秀賞 - アナグラのうた~消えた博士と残された装置~ | 受賞作品 | エンターテインメント部門 | 第15回 2011年 | 文化庁メディア芸術祭 歴代受賞作品

Rhizomatiks Research

research.rhizomatiks.com

インタラクティブというより、ショーを見る感覚に近いです。perfumeや、リオオリンピックの閉会式で有名ですが、身近に体験できる機会はとても少ないのが残念です。でも、彼らが行ったパフォーマンスが娘のような子どもたち世代にこれから受け継がれて定着していくのかもしれません。いろんな挑戦をしている彼らのパフォーマンスは動画でもぜひ積極的に見せていきたいと思います。

関連過去記事▼

【美術館】アート+コム/ライゾマティクスリサーチの展覧会に行ってきた:ICC(5歳) - こどものあそび観察日記

 

都内でデジタルアートが体験できる会場

私が常にチェックしている有名なところでは、次の3つです。

日本科学未来館 (Miraikan)

なんといっても日本科学未来館。企画展もさることながら常設展だけでもものすごく楽しめます。

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

科学技術と芸術文化の対話を促進し,豊かな未来社会を構想していきたいと考えています.

と説明されているように、テクノロジーの進化を感じさせる見ごたえのある展示が多いです。 会場自体はとても狭いのであっという間に見終えます。そんな手軽さも好きです。

東京都現代美術館|MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO

タブロー作品も数多く展示されますが企画内容によってはデジタルアートも体感できます。チェックしておけば行きたい展覧会に出会える確率は高いです。

 

ここ数年で、大きな会場だけでなく小さな場所でも開催されるようになった気がします。ずいぶん身近になった印象があります。もっと広まって私が育った田舎のような場所でも巡回してほしいですね。主催者の皆さんぜひ!

おわりに

子どものためというより、自分が行きたいから娘の連れて行けそうなものは強引に連れて行ったという感じです。子どものフィルターを通したアートの感じ方は面白い。私が思ったのとは違うところで面白い反応をしたりするので、一人で行くより子どもを連れて行った方が楽しいと思う場合も多々ありました。

スマホやゲームで最新のテクノロジーを感じることはできますが、より独創性のあるものをデジタルアートでは感じられます。お金は多少かかりますが、その発想を体感できるのはやっぱりワクワクします。娘も今はまだ「なんだか良く分からないけど楽しい」というレベルですがいつか「どうしてこうなるの?」なんていう疑問が沸くようになったらいいな~と思います。

それにしても、こうやって振り返ってみてもいろんな新しいテクノロジーが次から次へと生まれる時代ですね。時々最新のデジタルテクノロジーに触れたとしても、泥だらけで遊んで帰ってくる日々を今は大切にしたいなーと思いました

スポンサーリンク

 

参考

「学ぶ!未来の遊園地」常時開催されている施設

ららぽーと湘南平塚(神奈川) 

ららぽーと富士見(埼玉) 

*2017年5月現在

「触れる地球」常時展示されている施設

3×3 Lab Future(東京都千代田区)

大和市文化創造拠点 シリウス(神奈川県大和市)

東京農業大学「食と農」の博物館(東京都世田谷区)

毎日新聞 MOTTAINAI STATION &Shop(東京都千代田区)

もぐらんぴあ(岩手県久慈市)

沖縄こどもの国 ワンダーミュージアム(沖縄県)

山形県産業科学館

佐賀県立宇宙科学館

山梨県立科学館

埼玉県環境科学国際センター

ひととものづくり科学館(石川県小松市)

八木橋百貨店 熊谷本店(埼玉県熊谷市)

*2017年5月現在 公式HPより(触れる地球 | Tangible Earth