こどものあそび観察日記

こどもの充実した時間とはなんぞや!?

ハロウィン用の衣装が日常のごっこあそびとして活躍している(4~6歳)

ハロウィンが近づいています。衣装をわざわざ買うなんてもったいないと思っていらっしゃる方いませんか?私はそう思っていました。ハロウィン工作は好きですし、いろんな方が仮装してパレードをする様子を見るのも嫌いではありませんが、自分や娘が仮装となるとどうも気恥ずかしくて、できれば遠ざけたいと思っていたのです。

ところが、いつの間にかハロウィンに関わるようになってしまいました。さらに、ハロウィンをきっかけに、遊びが広がっていくのを見て、まあいっかと思うようになりました。そんな私の気持ちの変化と、その衣装について振り返ってみたいと思います。

初めてのハロウィン

3歳までは人間関係もせまく、ハロウィンイベントを避けて過ごすことができました。ところが、4歳になると徐々に友達も増え、誘われるがままに少し参加することになってしましまた。なんとなく仮装して近所でおやつをもらうだけというたかだか5分程度のとてもしょぼーいイベントなのに、大興奮なのです。

ちなみに、この時は『魔女の宅急便』にはまっていたので、普段から使っているごっこあそびのフルセットを携え参加しました。 

hipopocroco.hatenadiary.com 

たった、5分程度の参加だったのに大満足です。ここで、「ハロウィンとは楽しいものだ」と刷り込まれてしまいました。

プリンセスになりたい願望が芽生える

さて、一年が過ぎ5歳の娘は10月になると「今年もハロウィンに出たい」と言うようになりました。さらに、5歳頃はプリンセスにはまりつつあり、お姫様衣装を着たいというようになりました。正直、私としてはまだまだハロウィンに慣れない気恥ずかしさもあり、え~やめて~なんて思ってしまいましたが、おもちゃ売り場の衣装を見たり友達がプリンセス衣装を嬉しそうに見せたりしてくれると私の心も揺れ動きます。

迷いに迷って結局購入しました。

その時の喜びようは今まで買ったどんなおもちゃよりも嬉しそうでした。 *これに似た商品です。

ところが、

試着しないで買ったらサイズが合わず、節約のため自分でもう一着作ってしまいました。

*型紙を考えるのに時間がかかりましたが、作業自体は3時間もかからなかったと思います。作り方はこちらを参考にしました。

yutorijikan.blog.jp

f:id:hipopocroco:20170926101308j:plain

f:id:hipopocroco:20170926101317j:plain


つまり、5歳の時には二つのプリンセスドレスを用意してしまったバカ親です。

もう、何をやっているんだと自己嫌悪に陥りましたが、満面の笑みを浮かべる娘の姿を見ると、まっいいかとなんだか諦め気分です。

5歳の時も滞在時間1時間もない短い近所のイベントでした。それでも、友達とおやつを交換してとても楽しいひとときが過ごせました。

ハロウィン衣装のその後

そんな数分のために用意するなんて、、て心の中でため息をつきながら準備した衣装ですが、ところがどっこい、家でこれを着て遊ぶのです。あまりに頻繁に着るので劣化を防ぐため一時変身禁止にしたほどです。

  • プリンセスドレスは、友達とプリンセスごっこをするときに。
  • キキドレスは、キキだけでなく自分で考えたいろんな物語の主人公になりきる時に。*4歳の時に作ったドレスですが今でも着られます。

参加するまでは、イベントの日のためだけに仮装衣装を用意するのは嫌だな~と思っていましたが、子どもにとっては衣装ではなくおもちゃの一つで遊びを盛り上げるアイテムなんですね。あんなに意気揚々と遊ぶなら悪くないなと思いました。

ちなみに、魔女ほうきはかなりの頻度で遊びます。もう、2年使っています。 

メタリック ウィッチ ブルーム コスチューム用小物 オレンジ男女共用 95cm 6110

メタリック ウィッチ ブルーム コスチューム用小物 オレンジ男女共用 95cm 6110

 

子どもって、どうして棒を持ちたがるんでしょうね。掃除ごっことしてのほうき、魔女のほうき、ギター、など想像を広げて遊んでいました。一回で役目を終えるものなのに高いな~とぶつぶつ文句をいいながら買った商品ですが、これだけおもちゃとして使うなら本望です。

どうして変身したいんだろう?

どうして、子どもは、変身して物語の世界に入りこむのが楽しいんでしょうか。娘も、夢心地な感じで遊んでいることがあります。いろいろ調べているうちにこちらの論文記事に出会いました。

なりきり遊び

ごっこ遊びよりも、すっかりそのものになって遊ぶこと。自分自身と
は別人で、役のキャラクターが強くなっている。
(例)オオカミごっこ,仮面ライダーごっこなど

劇遊び

ごっこ遊びとの違いは「お話」が入った遊びであり、現実とは違った
もう一つの世界を楽しめる。絵本や物語などでイメージを共有し、大
勢で遊ぶことができる。

思いを伝え合いイメージを共有して表現することを楽しむための援助のエ夫 一「劇遊び」を通して- うるま市立勝連幼稚園教諭仲西末子/P5

娘の遊び方は、なりきり遊びというのにぴったりです。さらに、クラスの友達と数名でごっこあそびをしているのは劇遊びと言えそうです。そして、それらの遊びを通してコミュニケーション能力が育てられていると言えそうです。

確かに、幼稚園や児童館にひらひらドレスなどが用意してあります。それは、ただ子どもが好きだから喜ぶからというだけではなく、きちんとした教育的な目的があって準備されていることが読み取れました。幼児期の子どもたちにとってハロウィンはその延長にあるのかもしれません。娘が、歯の浮くようなプリンセスセリフを発して遊んでいることにも意味があったんですね。いまさらですが、幼児教育って面白い。この論文もついつい全部読んでしまいました。

ちなみに、なりきりあそびに入り込めるまで助走があるような気がします。幼稚園から帰ったすぐには、そういう遊びはできません。しばらく、一人でどうでもいい時間を過ごしていると、突然スィッチが入ったように物語を考えて遊びだします。

友達と遊んでいる時もそうです。何にもない広場などで、「何して遊んでいいか分かんない~」「オヤツ食べたい~」とぶつぶつみんな言っていたはずなのに、しばらくほっといたら突然劇遊びが始まります。 

hipopocroco.hatenadiary.com

以前、こんな記事を書きましたが、ぼんやりする時間って遊びを生み出す助走のような時間なのかもしれません。幼稚園でも、自分で遊びを見つけることをとても大切にしているのでそこで鍛えられているというのもあるかもしれません。 

あそびの助走を加速させる起爆剤が、プリンセスの衣装だったりするような気がしてきました。

おわりに

私にはハロウィンは関係ないと思っていましたが、いつの間にか子どもに引きずられるように関わるようになりました。部屋の中を飾るくらいなら抵抗はありませんが、我が子が衣装を着てイベントに参加するのは、慣れたとはいえやっぱり恥ずかしいです。私は、もともと裏方仕事の方が好きでして、パレードに参加するより参加する人のために衣装を作ってあげたいタイプです。

ハロウィンイベントから逃げていましたが、子どもが自分がなにかになりきって遊ぶことを至上の喜びとしている時期は協力してあげてもいいかなと思うようになりました。

スポンサーリンク

 

 

hipopocroco.hatenadiary.com

hipopocroco.hatenadiary.com

娘が夢中になったカラーペン(2-6歳)

娘は、ペンで描くことが大好きです。

本当は、幼児期はクレヨン・クレパスの方が描きやすいんだろうな~と思ってはいたのですが、好きになってしまったものはしょうがない。クレヨンで描くことを促しますが、もう、ペンで描くことが習慣になってしまい止められません。

朝起きたら着替えるよりさきにペンをもち、幼稚園から帰ったらお絵かき。テレビを見ながらお絵かきして、夜寝る前にお絵かき。これが、ほとんど毎日繰り返されます。お出かけする時には、らくがき帳とペンさえあれば暇つぶしができるので親としては本当にありがたい限りです。

そんな娘がお絵かきが大好きになったきっかけは、いろいろあります。書ききれないので、今回はお絵かき好きになるきっかけの一つとなった「カラーペン」についてまとめたいと思います。 

*画像は全部Amazonの商品サイトにリンクされています。

壁じゃなくて紙に描く練習をするときに使ったペン

パイロット カラーぺン フリクションカラーズ SFC?120M12C 12色

このおかげで、ペンを持たせることができました。2歳の時は、白い紙の上だけに絵を描くわけもなく、椅子や壁にも描かれました。私は、子どもの絵が大好きで、捨てられない性分ですが、さすがに困りました。でも、描きたい欲求が高まっているのもよく分かるのです。そんな時に、このサインペンに出会いました。このペンの良いところは、

  • 描いても消せる

以前、こちらにも書きましたが、私が書いているペンを奪って描こうとすることが多かったので、万が一描いても落ちるこのペンは重宝しました。

【おすすめおもちゃ】フリクションカラーズ 1・2歳 - こどものあそび観察日記

ただ、難点は、

  • 発色が良くない
  • 多分子どもが大人になった時は消えている

パステルカラーっぽくなってしまうのが残念でした。でもそれは今、いろんなペンを使うようになるからそう思うだけで、紙に描かせる訓練をするにはちょうど良いペンでした。気を付けた方がいいのが、時間とともに消えること。壁に飾っていたら半年でほとんど消えました。熱に弱いインクなので仕方がありませんね。

2・3歳の時にリピート買いしたペン 

ぺんてる カラーペン せんたくでキレイ SCS2-12  12色

紙の上にちゃんと描けるようになったころ、このペンに出会いました。娘はフリクションよりこっちのペンの方が断然好きでした。それに、私としても使いやすくて大変重宝しました。

その理由が、、、 

  • めちゃめちゃきれいに落ちる
  • 色数が多い
  • ペン先が少し太め
  • 発色がきれい

これに付きます。謳い文句どうり、洋服についてももみ洗いなしできれーいに落ちます。実は2歳頃にはこれだけの色は使いこなせません。結局好きな色だけ使っておしまいなのですが、よーく見ていると、だんだん全部の色を使って描くようになりました。小さな子どもは、大きな紙の方が描きやすいです。となると、普通のサインペンの細さだと、細すぎるのです。その点、このカラーペンはちょっと太めで助かりました。

「お部屋を汚しちゃうからやめて~」とお絵かきをストップしなくてもよかったのはこのペンのおかげです。初めてのお絵かきブームの波にうまく乗せてあげられたんじゃないかなと思っています。

難点は、、、

  • ペン先がダメになる
  • 色の定着が甘い

乾きが遅いというか定着が甘いというか、紙に描いた後すぐに触ると汚れるので気を付けてください。でも、それくらい色落ちに関しては優れています。

 

描いた絵が上手に見えるステッドラー

ステッドラー カラーペン ノリスクラブ 326WP20  20色

キャップを外したままでも数日間、ペン先が乾燥せずにすぐに書き出すことができます。
食品用の着色料の使用、誤飲の際に気道を確保するベンチレーションキャップ採用など、お子様に安心してご使用いただけます。

製品紹介(Products):ノリスクラブ ドライセーフ カラーペン | STAEDTLER Japan website!

おえかき大好な娘のために友人がプレゼントしてくれました。これが、ほんとに凄い。この使い心地のよさに親子で感動です。

なんといっても、

  • 長持ちする
  • 発色がきれいで絵が上手に見える
  • ペン先がしっかりしている

びっくりするほど長持ちします。100均の3倍くらいもつ印象です。ペン先が乾燥しにくいからもつのかな~。

そして、これで描くとほんとに上手に見えるんです。初めてこのペンを使ったときの娘の反応は、顔がぱぁ~っと明るくなるような感じでした。

それに、「洗たくで消えるカラーペン」よりペン先が固いので太さも長い期間一定しています。

難点は、、、、

  • 高い

節約を求められる主婦としては、自分で買うときは少し躊躇します。友人・親戚のお子さんがお絵かきが大好きなお子さんなら、プレゼントにいかがですか?

なんだかんだいっても定番はこれ!

ぺんてる サインペン  S520-8  8色セット

1963年発売のロングセラー商品です。

▼こちらに製品開発の様子が漫画で描かれています。文具好きにはたまりません。

製品開発ストーリー サインペン|特集|ぺんてる株式会社

結局、現在はこのペンに落ち着きました。もう、まとめ買いしています。それだけこのペンに依存する理由は、

  • 適度に長持ちする
  • ペン先がしっかりしている
  • コスパが良い

ステッドラーほどは長持ちしませんが、100均よりは長持ちします。ペン先も崩れにくいし、なんといってもちょうど良い値段です。躊躇なくリピートできる値段というのがありがたいです。娘も「このペンが一番使いやすい」といっちょ前なことを言っています。さすが、半世紀にわたって売れ続けている商品です。

難点は、

  • 落ちにくい

洋服につくと落ちにくいのである程度、ペンで描くことに慣れた頃使うのがおススメです。娘は、手にいっぱい落書きして刺青のようになってました。

工作&絵具をするときに使うならこのペン

ゼブラ 油性ペン マッキー 極細 12色 MCF-12C

ビニール素材に描きたいときはマッキー!!

  • ビニール素材に描ける
  • コスパが良い

牛乳パックの表面に描くにはサインペンでは無理です。いわゆるPP加工されているものにはこれを使っています。最初こそ、このマッキーで薄い紙に絵を描き机を汚していましたが、ようやく最近(6歳)では使い分けができるようになりました。でも、極細は全く使いません。もしかすると、そろそろもう少し太いマジックを使わせてみようかなと思っています。

難点、、、

  • 落ちない

約束が守れるようにならないと、使わせるのに勇気が必要です。

本当はクレヨンをおすすめしたい

と、これだけペンの良さを描いてきましたが、2・3歳児の多くは手をグーにして持つため、ペン先はすぐにダメになります。保護者の方に一番おすすめの画材は何ですか?聞かれたら、絶対クレヨンを推奨します。けれど、クレヨンだとお絵かきをしなかったり、手の力が弱いお子さんだったらペンを試してみるのもよいですよ。

それに、

6歳になった今、ペン画が好きすぎる娘が直面している問題があります。それは、

幼稚園で描くクレヨンの絵には苦労していること

ペンと同じ感覚でクレヨンを描くと細かいところは描けないのです。そうなるだろうな~と予想をしながらもペン画が大好きな娘の良さを尊重してきましたが、ちょっと残念だな~と思っています。ですので、クレヨンで楽しく描けているならぜひその姿を尊重した方が良いと思いますし、ぜひ、クレヨン好きにさせてあげてほしいと思います。

*ペンで描くことが習慣になった娘のちょっと特殊な事情

娘は長期入院することが多く、点滴のため腕が固定されます。1週間ずつ左右交互に点滴されるので、かなり不自由です。クレパス・クレヨンだと紙をおさえなきゃいけなかったり、力が足りなかったり、包帯がよごれたりして使いにくいものでした。そこで、力を入れなくても描けるこのカラーペンを使うようになりました。そんな特殊な事情が2歳でもペンで楽しくお絵かきをするようになった理由かもしれません。おかげで、鉛筆の持ち方だけは2歳でできるようになりました。本来なら、クレヨンでガンガン描かせた方が良いと思います。 

おわりに

「うちの子お絵かきがあまり好きじゃない」と保護者の方が感じたら、画材が気に入らないのも一つの理由かもしれません。娘は、2歳の時にグーで持てる赤ちゃん用の高級クレヨンをいただいたのですが、1回使っておしまいでした。子どもがあまりお絵かきをしないな~と思ったら、クレヨン以外にカラーペンも試すのもよいですよ。

最後に、今娘が描いてる絵を親バカながらご紹介します。

娘は、普段は、想像の物語を絵に表していますが、最近ドラゴンボールにはまり、描くようになりました。

f:id:hipopocroco:20170922062922j:plain

f:id:hipopocroco:20170922062914j:plain

下書きなしでサラサラ描いていました。私は、線に迷いがあるので下書きは欠かせません。もう、私より上手なんじゃないかと思います。継続は力なり。でも、継続できるのは好きだからできること。好きこそものの上手なれです。お絵かきが好きになるきっかけになった、上記したカラーペンには心から感謝します。
年齢ごとに、心躍る傑作作品がたくさんあるのですが、娘が大きくなった時一緒に編集して記事にできたらいいな~と思います。

スポンサーリンク

 

関連過去記事 

hipopocroco.hatenadiary.com

参考リンク

▼文具好きにはたまらないブログです。プロの方の愛用品なども紹介されてて私のツボです。

pentel.blog.jp

▼学校で使う画材の二大巨塔。二つとも大好きなメーカーです。HPもだらだら見てしまいます。商品紹介だけでなく、その使い方動画などEテレみたいで好きなんです。

ぺんてる株式会社

株式会社サクラクレパス

折り紙で髪飾りをつくる

6歳を過ぎた娘は、ごっこ遊びはまだ大好きです。バスタオルをぐるぐる体に巻き付けてプリンセスの衣装をつくって遊んでいます。

ある日、髪の毛に見たこともないかわいい飾りを発見しました。

なにそれ?と聞くと、自分で作ったとのこと。

よくもまあ、これを髪につけるアイデアを考えたな~と感心しました。

今日は、そんな娘が考えた髪飾りを紹介します。

用意するもの

  • 折紙
  • パッチンどめ
  • セロハンテープ

f:id:hipopocroco:20170905201321j:image

ぼたんの髪飾りの作り方

*娘が作ったものを私が再現しました。

  1. 赤い折り紙をやっこの形に折る。f:id:hipopocroco:20170915234019j:image
  2. 頭の部分も開いたら、少しだけ斜めに折って、花びらに見えるようにする。f:id:hipopocroco:20170915234049j:image
  3. ひっくり返したところf:id:hipopocroco:20170915234110j:image
  4. お花の真ん中の部分を作る。一回り小さい紙を用意する。f:id:hipopocroco:20170915234128j:image
  5. 斜めに四回くらい折る。f:id:hipopocroco:20170915234143j:image
  6. 中心を軸にして周りを丸く切る。*娘は丸く切っていただけですが、私は少しアレンジ。f:id:hipopocroco:20170915234157j:image
  7. 真ん中を花びらに張り付けて完成。f:id:hipopocroco:20170915234208j:image
  8. ひっくり返して、パッチンどめに折り紙をつけると、、、f:id:hipopocroco:20170905201538j:plain
  9. 完成!*写真は娘が自分で作ったやつです。f:id:hipopocroco:20170905201347j:image

 ハートの髪飾り

  1. 折紙で好きな形に折る。写真は娘が作ったハートの再現です。▼参考折り紙で作るハートの簡単な作り方|手紙も書ける正方形の折り方 | 自由研究テーマとまとめ方f:id:hipopocroco:20170905201842j:image
  2. 折紙をパッチンどめに、セロハンテープでくっつけます。f:id:hipopocroco:20170905201519j:image
  3. 完成f:id:hipopocroco:20170905201404j:image

ティッシュで作るお花の髪飾り

  1. 2,3枚のティッシュをくるくるまるめたら、最後の一枚のティッシュで優しく包み、裏側をセロハンテープで止める。
  2. その後、裏側にパッチン止めをセロハンテープでくっつけて、、、

    f:id:hipopocroco:20170905201547j:plain

  3. 完成f:id:hipopocroco:20170905201425j:image

おわりに

外に出るときは、ちょっと恥ずかしいので外させますが、家で”なにか”になりきる時には充分です。

そういえば、小さな頃から頭にいろんなものを貼り付けるのが好きな子でした。その様子はとても面白く笑わせられました。また暇な時に記事にしたいと思います。

それにしても、、、、

一時期は毎日のように工作をしていたのに最近はめっきり減ってしまいました。とても残念です。代わりに何をしているかというと、最近は漫画ばっかりです。なんだか複雑な気分です。いつか、パタッと飽きる日が来そうな気もするので今は様子を見ているところです。

スポンサーリンク

 

関連過去記事

折り紙を一緒に折り続けた日々が懐かしい。2~4歳くらいの時は、おでかけ鞄にいつも折り紙が入っていました。みんなでレストランに行ったときの待ち時間、病院の待ち時間、電車の中、、、暇になると、いつも折り紙でごまかしていたような気がします。

最近は遠ざかっていましたが、幼稚園でいろんな折り方を学んでいるようです。これから、もっと高度な折り方にもチャレンジしてみたいですね。 

hipopocroco.hatenadiary.com

お父さんと過ごす夏

夫は、子どもをもつことにとても慎重でした。

幸か不幸か、私たち夫婦は結婚してから、なかなか子どもを授かることができず、長い時間二人で過ごしていました。そして、夫は子ども授かることに積極的になれず、できなきゃできないでよいと言いきっていました。その言葉には、子どもを持つことへの不安や父になることへの自信のなさも垣間見られました。もともと風まかせに生きていたいという願望が強い彼ですから仕方がありません。子どもがいたら自分のやりたいことが制限されるのが嫌だったのではないかと思っていました。それに、彼からは「子ども好き」という印象は全くなく、むしろ「子どもは嫌い」なんじゃないか?と思うほど、子育てを共にすることに不安を感じる性格でした。

私から見た主観ですが。
f:id:hipopocroco:20170904170358j:image

そして、長い年月を経てようやく待望の娘を授かることができました。

娘がまだ言葉をしゃべれない赤ちゃん時代は、ずいぶんイライラしていたように思います。その時のことを邂逅して「あの時は辛かった」と今でも彼はそういいます。誰しも得意・不得意なものはあります。夫は、とても赤ちゃんのお世話をするのが苦手でしたし、そんな彼の姿を見て私もイライラしていました。お互い愚痴合戦の日々でした。

f:id:hipopocroco:20170904170413j:image

ところが、

娘が言葉を覚えいろんなお話をするようになった頃でしょうか、

いつの間にか夫は娘にデレデレ。

今まで見たことのない夫の姿を見るようになりました。

あれ?夫ってこんな性格だったっけ?というくらい変わりました。

私と娘との間に流れる空気と、夫と娘の間に流れる空気は全然違います。
f:id:hipopocroco:20170904170439j:image

娘も甘えさせてくれるお父さんが大好きです。

けれど、一緒に生活していても、毎日会えるとは限りません。

ご飯を一緒に食べられる日は週末だけでしょうか。

f:id:hipopocroco:20170904170459j:image

すれ違いの生活を送っている我が家ですが、今年の夏休みは特別です。

久しぶりに長い休暇をとることができ、夫の故郷に帰省できました。

夫が幼い頃に通った小学校、懐かしい電車、

娘にとってはすべてが新鮮です。
f:id:hipopocroco:20170904170522j:image

そして、娘は、祖父母に会えるだけでなく、

久しぶりにお父さんにべったり甘えることができます。

土日に家族で出かけることもありますが、夫は仕事のことに半分気をとられながら無理やり行くことが多いものです。もしくは、一日中寝ているお父さんです。

今回のように、仕事を忘れのんびり穏やかに過ごすことができるのはとても貴重な時間でした。
f:id:hipopocroco:20170914010438j:image

夫の母校で遊び疲れてベンチに座った二人の会話は私には聞こえなかったけれど、きっと他愛ないものでしょう。「お母さんはこっち来ないで!」という娘は、普段仕事で忙しいお父さんを独り占めできてさぞやご満悦のことでしょう。特別なことをしているわけではないのですが、二人の間に流れる空気はなんだかとてもあまく感じました。

f:id:hipopocroco:20170904170533j:plain

そんな二人をスマホ越しでみた風景は、なんだか微笑ましく思い出に残る一枚でした。

娘が生まれる前の夫が、この写真を見たらどう思うのだろうといろいろ想像してしまいました。

今週のお題はてなブログ フォトコンテスト 2017夏

 

昨年は、ワリと辛い夏でしたが、今年は最高の夏でした。

【そなエリア東京②】遊びながら学ぶ防災学習(防災お役立ちリンク付き)

前回は、そなエリア東京の目玉である、『東京直下72hTOUR』について書きました。その続きです。今回は、それ以外の楽しみ方についてレポートします。

hipopocroco.hatenadiary.com

津波体験コーナー

無事、東京直下72hTOURを終えると、津波体験コーナーがあります。写真を撮り忘れたのですが、壁全体に地震によって津波がどう起きるか分かりやすく描かれています。しかし、6歳の娘にはまだ難しいもよう。じっくり見られませんでした。

その後、2階の防災学習ゾーンに進むことになります。
f:id:hipopocroco:20170909235229j:image

パネル展示

社会科見学の子どもたちがメモをとらされるであろう、様々な展示がされています。私はもっとゆっくり見たかったのですが、娘には難しすぎるのでスルーです。残念。
f:id:hipopocroco:20170909235249j:imageでも、イラストパネルはじっくり見ていました。これは避難所で活躍したおもちゃについて紹介されています。
f:id:hipopocroco:20170909235308j:image

パネルに展示されていたイラストのほとんどはこちらでも見ることができます。めちゃめちゃ分かりやすいので、ぜひ一度ご覧ください。

72時間を生き抜くヒント

そなエリア東京のイラストデザインって全部カッコいいし、超絶分かりやすいんですよね。しかも、見覚えがある。このイラストレーター誰だっけ、思いだせない、、、と思いながら家に帰っていろいろ検索したら、寄藤文平 さんでした。さすがです。どおりで娘が食いつくはずです。寄藤文平さんについては最後に触れたいと思います。

防災ゲームコーナー

こちらではNPO法人プラス・アーツをはじめとする様々な団体が提案する防災意識を高めるゲームが展示されていて、実際に遊ぶことが出きます。

▼防災カルタ 娘にはこれがちょうど良かったです。
f:id:hipopocroco:20170909235350j:image

NPO法人プラス・アーツ - なまずの学校こちらのサイトで購入することができます。

f:id:hipopocroco:20170909235418j:image

NPO法人プラス・アーツ - 防災すごろくゲーム「GURAGURA TOWN」さらに面白くなってバージョンアップ!

これも、プラス・アーツのshopから購入することができます。時間がかかりそうだったので今回はパスしました。
f:id:hipopocroco:20170909235445j:image

防災折り紙体験コーナー

▼広告やチラシなどで作れるお皿やコップの作り方を体験できます。娘はこれが楽しくてしばらく滞在していました。
f:id:hipopocroco:20170909235508j:image

アニメ『東京マグニチュード8.0

約20分のアニメを座って見ることができです。ストーリーは、、

中学生のお姉ちゃんと小学生くらいの弟が二人でお台場に出かけている最中に大地震に見舞われた。そんな中で、子ども二人でどうやって生き抜くか。無事に家に帰ることができるのか

というお話です。災害時の様子が細かくシュミレーションされているようなので、ぜひ見るべきアニメなのですが、、、。

私はこれ、見られませんでした。娘が誕生する前は戦争ものでもなんでも映画を観ることができましたが、産後はダメです。特に、子どもに被害が及ぶものはもう見られません。でも、防災アニメとしは本当によくできています。もともと、テレビで放映されていたものを、約20分にまとめたものです。娘が親になる前に見せたいアニメですね。出産してからでは絶対見られません。

tokyo-m8.com

東京マグニチュード8.0 - Wikipedia

東京マグニチュード8.0 〜悠貴と星の砂〜 (竹書房文庫 た)

東京マグニチュード8.0 〜悠貴と星の砂〜 (竹書房文庫 た)

 

液状化現象実験

1階の入り口付近にこんな実験装置が用意されていました。

▼砂の入っているペットボトルの横をトントントンと優しくたたき、プチ地震を起こすと、、、、
f:id:hipopocroco:20170909235548j:image

 ▼中からビー玉が出てきました。
f:id:hipopocroco:20170909235607j:image

▼これと同じ現象で、マンホールなどが地中から飛び出てくるんですね。

f:id:hipopocroco:20170909235909j:plain

屋上庭園

頭を使ったら少し、体も動かしたくなります。そんな時は、屋上庭園へ。写真はとれなかったのですがベンチもあり、のんびり過ごせます。天気が良い日はここでお弁当も食べられそうです。
f:id:hipopocroco:20170909235642j:image

そなえカフェ

私たちはここでご飯を食べました。軽食をここで注文することができます。おにぎり、スープ、非常食定食などがありました。(非常食定食は売り切れていましたが。)大食いの夫にはまったくもって物足りないメニューですが、小食な娘と私にはちょうど良かったです。

テーブルと椅子は自由に使えるので、お弁当持参でも大丈夫です。
f:id:hipopocroco:20170909235706j:image

BBQエリア

広い土地を生かして、BBQができるようになっています。すごーく惹かれるのですが、酔っぱらって子連れで帰ることを思うと、利用するのにかなり勇気がいりますね。まあ、飲まなきゃいいんでしょうけど、BBQやるならやっぱりビール飲みたくなってしまいます。東京臨海広域防災公園 そなエリア東京バーベキューガーデン | デジキュー BBQ場


f:id:hipopocroco:20170909235743j:image

広い芝生で遊ぶのに便利な、ボールや縄跳びが無料で貸りられます。手ぶらできて、芝生で遊べるグッズが借りられるのは本当にありがたいです。
f:id:hipopocroco:20170909235804j:image

災害お役立ちリンク集

そなエリア東京で得たサイトや、この記事を書くにあたって参考になったサイトをまとめておきます。

■家族向け安否確認システム Familoca(スマホアプリ)

緊急地震速報と連動して、家族の位置情報を知らせてくれます。さらに、身の危険を感じたときに、ボタン一つで家族に知らせることもできます。子どもがどこにいるかを、地図上で確認することができます。防災アプリってたくさんあるんですね。知りませんでした。今、いろいろ試しているところでわが家はまだ導入していません。『そなエリア東京』では推奨されていました。

Familocaホームページ

■ARハザードスコープ(スマホアプリ)

これ、興味のある方はぜひ一度試してみてください。でも、「ARハザードスコープ」は東京23区限定ですが、名前を変えて他の地域バージョンもあります。

GPSと連動させてカメラで撮影された映像に防災情報がうつされます。ポケモンGOと同じような感じで、画面にポケモンの代わりに避難場所ここから何キロという感じで出てきます。災害時というより災害学習としての役割が強いですね。でも、アプリとしてとても興味深いです。どうやって災害危険度を認知させているんだろう?といろいろ考えさせられます。

www.cadcenter.co.jp

地震ITSUMO

特に、この地震イツモノートが秀逸です。すぐに読めるので、この記事を見た方はついでにぜひご覧になってください。

地震ITSUMO.COM » NOTE

書籍にもなっています。 

親子のための地震イツモノート キモチの防災マニュアル

■つくってまもろう

「懐中電灯は、単一電池(太いやつ)なのに、単三電池(ちょっと細いやつ)しかない。」そんな時諦めちゃいますよね。それを、どうしたら使えるようにするか。知恵と工夫でのりきったアイデア集です。ほかにも、キッチンペーパーでマスクを作るなど、目から鱗の素晴らしいネタ満載です。動画でとても分かりやすいのでつい全部見てしまいました。

www3.nhk.or.jp

首相官邸より災害の備えについて

意外にこのページがシンプルにまとまっていて見やすいです。

www.kantei.go.jp

■トクする防災

日本気象協会が運営するサイトです。備蓄用品の具体的な数が書かれているのでとても参考になります。

家族5人なら、3日間で必要なお水は45L。つまり、3人家族なら、27L。2L×6本入りのダンボールを二箱では心もとないんですね。トイレは5人で75回分、3人なら45回分は、最低用意しなくてはならない計算です。

tokusuru-bosai.jp

おわりに

思い付きでふらりと訪れた『そなエリア東京』ですが、行って良かったです。家族を守らなくてはと思うと真剣に考えさせられます。子どものためというより自分のために行ってよかったな~と思いました。

それに、子連れでおでかけして、適度に空いている環境は本当にありがたい。レゴランドのような刺激的なものはありませんが、ゆっくり過ごせるのはありがたかったです。前回も書きましたが、お台場は子ども向けの楽しい施設がたくさんあります。それらと組み合わせるとよさそうですね。

あと、前回の記事に付け加えたいことがあります。娘の場合2~5歳だったら恐くて無理だったと書きましたが、娘は超こわがりです。怖くて、プリキュアの戦闘シーンもだめでした。戦隊ものが好きなお子さん、シン・ゴジラなどを見られるお子さん、少し暗いところも大丈夫なお子さんだったら『東京直下h72TOUR』も行けると思います。

人混みのストレスを感じず過ごせたあと、私たちは、海浜公園の方に足を延ばして海で遊び、帰宅しました。

そなエリア東京

防災体験学習(そなエリア東京) | 東京臨海広域防災公園

園地の開園時間 6:00~20:00
休園日 年末年始および臨時休園日があります。

防災体験学習施設の利用時間

9:30~17:00(入場は16:30まで)
休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌日休館)年末年始および臨時休館日があります。
料金 入園料・入館料無料

スポンサーリンク

 

おまけ

寄藤文平さんのお名前をご存知なくても、このイラストは見たことありませんか?

*写真は全部Amazonの商品ページにリンクされています。 

大人たばこ養成講座 MINI 1

白黒つけないカフェオーレ

 

idea (アイデア) 2011年 07月号 [雑誌]

 この雑誌で特集が組まれていました。作品を見ると、あ~あのポスターの方か!とお気づきの方は多いと思います。作品の一部がこちらに掲載されています。

東京メトロのマナー広告ポスターの「家でやろう」シリーズが有名ですね。

http://www.idea-mag.com/idea_magazine/347/

寄藤さんのイラストは好きだったのですが、すっかり忘れていました。家にも何冊か、寄藤さんが携わった装丁の本があり、その絵を娘は2,3歳頃よく見ていました。なんだかんだで、親しんでいるイラストだったのです。

娘のように小さな子どもにも、イラストで防災のことを伝えられるって素晴らしい。優れたイラスト&デザイン作品に出会わせるという意味でも、『防災イツモノート』は買ってよかったと思います。

【そなエリア東京①】「東京直下72hTOUR」が臨場感に溢れていた

入場無料にひかれて遊びに行ったお台場にある「そなエリア東京」ですが、思ってた以上に充実していてビックリしました。なんといっても、「東京直下72hTOUR」が衝撃的でした。6歳の娘を連れて行きましたが、すごく充実した時間を過ごせました。でも、去年だったら絶対無理だったと思います(その理由は後ほど)。

 

東京臨海広域防災公園とは?そなエリア東京とは?

東京臨海広域防災公園とは?

日本にほんにひとつしかない国営こくえい国土交通省こくどこうつうしょうが せきにん をもってしごとをしているところ)の防災公園ぼうさいこうえんです。大きな じしん などがおきても、災害さいがいに たちむかう たくさんのひとが すばやく こうどうできるように、また、じしんでこまるひとが すくなくなるように いろいろな しくみ や くふう があります。子ども向けページ | 東京臨海広域防災公園

お台場有明にあり、平常時はBBQもできる緑豊かな公園で、休日には様々なイベントが開催されています。しかし、災害時には対策本部が置かれるように設計されています。

f:id:hipopocroco:20170903192654j:plain

癌研有明病院を取り囲むように、公園があります。病院の存在感が強いので、こちらを目印に行くと良いです。

■そなエリア東京とは?

f:id:hipopocroco:20170903192722j:plain

東京臨海広域防災公園内の本部棟にある、防災体験学習施設です。

シン・ゴジラのロケ地としても有名ですね。ただ、オペレーションルームは来館した時には見られませんでした(もしかして見られたはずなのに見落とした可能性も)。

j-town.net

社会科見学で学校の子どもたちが学べるようになっていますが、一般の方でも様々な学習体験ができるようになっています。その中でも、衝撃的だったのが、

東京直下72hTOUR

東京直下72hTOURとは?

f:id:hipopocroco:20170903192808j:plain

直下型地震発生生後 72時間の生存力をつける、体験学習ツアー

 首都直下地震の発生から避難までを体験し、タブレット端末を使ったクイズに答えながら生き抜く知恵を学ぶ防災体験学習ツアーです。

1F 防災体験ゾーン | 東京臨海広域防災公園

これが、無料とは思えないほど、臨場感溢れる体験ツアーなんです。災害発生後の都内を想定した場所でタブレット上の地図を見ながら目的地を探し、クイズに答えていきます。災害場所でのオリエンテーションという感じでしょうか。

ツアー自体は30~40分程度で、6歳の娘には難しいので親子で参加しました。小学生以上なら個々にタブレットを持ち、親子で別行動をして無事避難所で出会えるかを試してみるのもいいかもしれません。

「東京直下72hTOUR」実際の様子

■Mission1&2:発災&脱出

この体験はほんとに良くできていて、”ある建物内で過ごしていたら発災した”という設定からツアーがスタートします。「もし、本当にそこで地震が起きたらパニックになりそう」という環境設定がとても入念です。説明を聞き理解していたつもりでも、演出が優れているので恐いです。臨場感が激減してしまうので、どこでどんなふうに地震が起きるかはここでは書きません。ぜひ、”そなエリア東京”で疑似被災を実感してください。

■Mission3:被災した街を歩く

”ある建物”から脱出すると、街が崩壊しています。

直下型の地震がどれだけ恐ろしいものかを感覚的に訴えるこの会場は、そなエリア東京の本気が感じられます。

倒れる電柱、落ちるエアコン室外機、、、、

f:id:hipopocroco:20170903192915j:image倒壊した家屋

f:id:hipopocroco:20170903193022j:plain

一方で新築の家屋の損害の少なさなど、リアルに表現されています。

f:id:hipopocroco:20170903193038j:plain

様変わりした街の風景だけでなく、救急車や消防自動車のサイレンや緊急地震速報の音が流れます。この音が、恐怖心を煽ります。実際、小学校低学年くらいのお子さんでも、恐さのあまり泣き出してツアーができずに途中退出していました。娘も泣いちゃうかも、、、と心配しましたが、タブレットに興味深々でなんとか乗り越えました。

 

この、街の中でオリエンテーションをします。タブレット上の地図に現れた☆の位置を探しクイズに答えます。

f:id:hipopocroco:20170903193136j:plain

f:id:hipopocroco:20170903193152j:plain

クイズだけでなく、AR技術を使って、災害時の映像も見られます。
f:id:hipopocroco:20170908105619j:image

このクイズを答えないと、避難場所に行けないようになっています。クイズを終えて初めて避難場所にたどり着きほっとした気分になります。

■Mission4:避難場所でどう過ごすか

タブレットで”あるマーク”を探すと、実際の避難の様子を動画で学ぶことができます。確か、3つくらい探さなくてはいけません。


f:id:hipopocroco:20170908105203j:image

動画さえ見てしまえばツアーは終了ですが、こちらのコーナーでは被災地での生活が感じられるように展示されているのでとても興味深いです。


f:id:hipopocroco:20170908105220j:image

それに、子ども向けにこんな防災ゲームもあって助かりました。


f:id:hipopocroco:20170908105244j:image

体験できるお年頃は?

何歳でも参加できますが、娘だったら2~5歳の時には無理だったと思います。現実と物語の境界があいまいだったので、怖くて泣き出したと思います。6歳現在でも、なんとか参加できた感じです。

意外だったのは、娘がしっかりしていたこと。ちょうど、9月1日の防災の日から時間がたっていなかったというのもあるかもしれません。防災について先生からしっかり教えてもらっていたようです。幼稚園での避難訓練の成果は大きい。それに、タブレットを持って歩く行為そのものが娘にとってワクワクする体験でした。私が少し手伝ったこともあり、クイズは全問正解で相当嬉しかったようです。もう一回やりたいなどと言っていました。

今回は、娘は年長で参加させてしまいましたが、内容を理解する意味では小学生以上が望ましいと思います。

(追記)

娘はとても怖がりな子です。プリキュアの戦闘シーンもこわくてなかなか見られませんでした。「戦隊ものが好き」「暗い場所もへっちゃら」「タブレットで遊ぶの大好き」というお子さんだったら年齢問わず参加できそうな気がします。

混み具合

お台場というと、混んでて嫌だ~というイメージがあるのですが、訪れた日曜午後は空いていました。ゆったり過ごせる空間は、子どもが小さいうちは本当に助かります。ただ、大きな施設ではないので、小学生以上だったら『そなエリア東京』だけでは物足りません。BBQや、お台場の他のは子ども向けの施設と絡めて計画するのも良さそうです。

おわりに

2011年を境に防災への意識は変わりました。自分は大丈夫だろうなんて、楽観的に思っていたはずなのに、災害は来るものだからと思うようになりました。とはいっても、幸せな日々が長くなると忘れてしまいます。頭で分かっていても、目の前のタスクを処理することに力を注ぎ、ついつい災害対策は後回しです。そんな私の意識を2011年の不安な夜の気持ちへと引き戻すには十分すぎる体験施設でした。

言葉で伝えるより、”実際に感じて考えてほしい”という設計者の意図が痛いほど伝わってきました。家に帰って、我が家の避難グッズを見直しました。

食料は3日分でよいかと思っていたのですが、大規模災害時に備えるには1週間分が望ましいようです。一人の時にはここまで真剣に考えませんでしたが、子どもが生まれ、3.11を関東で経験した今では、いろいろ考えるようになりました。さらに、最近のニュースを見るとより意識が高くなります。

www.kantei.go.jp

スポンサーリンク

 

暇だし、天気もいいし、娘の調子もいい!

海も見たいし、遊ばせたい、でも、あまりお金は使えない。

そんな時に、ふっとひらめいて行ってみましたが、思った以上に充実した時間を送ることができました。

『そなエリア東京』のメインは「東京直下72hTOUR」ですが、子連れにはほんとに優しいスポットだったので、次回もう少しこの『そなエリア東京』についてレポートしたいと思います。

【そなエリア東京②】遊びながら学ぶ防災学習(防災お役立ちリンク付き) - こどものあそび観察日記

カブトムシのいた夏

彼らがやってきたのは5月の終わり、忘れもしない夜の9時だった。

「カブトムシの幼虫いる?」

そんなlineがやってきた。友人が「夜遅くにごめんね」と差し出したのは、買い物用の白いビニールに入ったカブトムシの幼虫。大の虫嫌いの彼女が、断り切れず幼虫をもらう羽目にになり困って私に連絡をしてきたのだ。育てたことはなかったけれど、彼女が苦手ならと受け取った。

こうして私たち家族とカブトムシの生活が始まった。

スポンサーリンク

 

 

幼虫を土の中から掘り出すのはドキドキしたけれど、ビニール袋の中に入ったままじゃかわいそうに思えて、ペットボトルに移した。幼虫は四匹入っていた。


f:id:hipopocroco:20170831121851j:image
hipopocroco.hatenadiary.com

これでひとまず私の役目は果たした。あとは、幼虫が成虫になるのを待つだけ。せっかくなので、一匹は近所の友人に育ててもらうことにした。

毎日見えるように玄関にセットしたけれど、何も変化がないのでしばらく忘れていた。 

カサ、カサ、カサ

ある日、娘が寝た後夫と二人で晩酌していると、玄関からカサ、カサっという音が聞こえる。「ちょっと、怖いから見てきてよ~」と夫にお願いするが、「何も変わったことないよ」

ところが、翌日の夜も続く。カサ、カサ、カサ、、、、、あまりに長く続くので、ドキドキしながら玄関に行くと、犯人はカブトムシのペットボトルから聞こえる。姿は見えないくせに、ペットボトルを触ると振動のようなものも伝わってくる。カサ、カサ、カサ、と体をくねらせながら自分の寝床を作っていたのだ。

気味が悪く、幼虫をもらったことを後悔した。

けれど、毎晩カサ、カサ、カサ、、、、と続くと、慣れるもの。好奇心から毎晩幼虫をチェックするようになった。

ある日を境にその音もしなくなった。気味が悪いとおもっていたくせに、音がしなくなると、不安になるから不思議な気分。

カリ、カリ、カリ

7月に入っても、ペットボトルに入っている幼虫は静かなままだった。

幼稚園の夏休みが近づき、娘の麦わら帽子がまぶしい季節になっても変化がなかった。当然、娘も興味なし。

もう、ダメかな。と諦めた夏休みに入った日の夜、

カリ、カリ、カリ、、、、

これは、もしや、、、とカブトムシの寝床を見てみると、

小さなメスが成虫になってカリカリとペットボトルをひっかいていたのだ。

翌朝、娘に報告すると、好奇心から見たい見たいと近寄るくせに「きゃ~こわい~」と逃げてしまう。気を取り直して、「カブトムシにもっと大きなお部屋を作ってあげない?」と声をかけると、「お部屋作り☆彡」という言葉にキラキラル☆彡を感じた娘は、喜んでホームセンターについてきた。

実際は、思ってたんと違う感じだったので、ブスッとしていたけれど。
f:id:hipopocroco:20170829010515j:image

最終的に、成虫になれたのは、メス二匹と友人宅のオス一匹の計三匹。残りの一匹は大人になれなかった。

お互いに傷つけ合うのが心配だったので、二匹のかごを別々にして育てることにした。

ブーン、ブーン

それから娘と私の本格的なカブトムシのお世話がはじまった。餌をあげて、霧吹きで水をかけて。嫌がってた娘も、「カブちゃん」と言いながら眺めていた。「玄関にこんなものを置きやがって」と思っていたハズの夫も、「今日のカブちゃん何してるかな?」と酔っぱらって話しかける始末。

そんな、カブトムシのいる生活に慣れたころ事故が起きた。朝、夫が玄関で「ぎゃあ~」と叫び声をあげた。何事かと思ったら、黒い物体が玄関の夫の靴あたりでもぞもぞしている。Gかと思ったが、よくよく見てみると、カブトムシのメスの一匹が脱走を試み高さ1mくらいの棚から落下してひっくり返っていた。「なんてこった。。。」すぐにカゴにもどしたが、寿命はそれほど長くはなかった。こうして、我が家のメスと友人宅に託したオスの計二匹になった。

 

そんなある日、毎朝超不機嫌な夫が珍しくニコニコしながら、昨晩「カブちゃんがすごかったよ」と言い出した。

夫「昨日の夜、カブちゃんがブーン、ブーンって台所を気持ちよさそ~うに飛んでたよ。

私&娘「えええーーー!!」(冷や汗)

夜中に夫がトイレに起きたらブーンっという音がした。電気を付けたら、人間がいないことをいいことに気持ちよさそうに部屋中を飛び回っていたらしい。

「ブーーンって飛んでるカブトムシをどうやってつかまえたのよ。」という私と娘の不安をよそに、「簡単につかまえられたよ。」と得意げな夫。とにかく、元気にえさを食べているカブちゃんを見てほっとした。夫の、「気持ちよさそ~うにブーン、ブーンって飛んでたよ」という言葉と夫が必死でつかまえようとするその情景を想像して今でも笑ってしまう。

ギギギ、ギギギ

しばらく二匹は個別に育てていた。8月のお盆過ぎには家族みんながカブトムシに愛着があった。大切に育てたいという思いもあるが、このままでよいのかという迷いもあった。そこで、友人と相談し、お見合いさせることにした。一週間同居させるべく、二匹を初めて一つのカゴに入れることにした。

すると、

カゴに入れて1時間くらい経過すると、

ギギギ、ギギギ。。。。と聞いたことのない音が聞こえてくる。

すると、こんなことになっていた。見てはいけないものを見てしまった感はあるが思わず写真におさめてしまった。
f:id:hipopocroco:20170829010531j:image

どうしたの??とかけよる娘に見せると、「仲良しになったんだね」と幼児らしい発言。ほんとはあと一歩踏み込んだ言葉をかけをすればよい教育になったんだろうけれど、何も言えなかった。母、未熟者です。

ガサ、ガサ、ガサ

二匹はかなり長い間愛し合っていた。1時間は離れなかった。

そして、そのあと二匹とも不可解な動きを始める。

ガサ、ガサ、ガサと24時間土の中を動き回るのだ。夜行性のカブトムシは昼は寝ていて動かないはず。それなのに土にもぐって出てこない。しかも、私を不安にさせるのが二匹ともエサを急に食べなくなってしまったこと。確か、産卵前にたくさんエサを食べるはずなのに。

私の予感は的中した。

二人が仲良くなった日から二日後、

まず、久しぶりに地上に出たメスが動かなくなった。

後を追うようにオスも地上に出て動かなくなった。

「カブちゃんどうなるの?」

娘にカブちゃんが死んでしまったことを伝えると、ふーーんという感じだった。もしかしたら、死をまだ分かっていないのかもしれない。

翌日、「カブちゃんのお墓を作りにいこうよ」というと、「いやだ~」「面倒くさい」と、駄々をこねだした。そして挙句の果てには泣きだした。でも、私は「あのままでいいの!?」と、強引に娘を連れだした。今思えば、娘なりに死というものに向き合っていたのかもしれない。

家から少し離れたところに、自然豊かな公園がある。自転車に土と止まり木と亡骸をいれて運んだ。

すでに亡くなっていたカブちゃんたちも同じ公園に埋めていた。

母「どこにお墓を作ろうか」娘「大きな木の下がいいね」

手ごろな木を見つけカブちゃんを埋めた。

その後、娘は、止まり木で墓石のようなものを立てた。葉っぱでお供え物と、仏花のようなものを作っていた。祖母の家での墓参りをよく見ていたようだ。

f:id:hipopocroco:20170829104343j:image

あんなに、お墓を作りに行くのが嫌だったくせに、お墓ができたとたん、

「もうちょっと遊んで帰る」

と、すっきりした顔で娘は言った。

f:id:hipopocroco:20170829104411j:image

夜、突然やってきたカブちゃん。なんだかんだいって夢中になっていたのは私だった。

カブトムシの一生は短い。無事に世に誕生しても生き残っていくのはわずかだ。子孫を残すことも命がけ。卵を産ませてあげられなかったことに、胸が痛む。
f:id:hipopocroco:20170829104618j:image
ふと、自分のことに重ね合わせてしまう。

長い不妊治療を経て娘を授かった。そして、その娘には持病がある。医療のおかげで救われた命だ。弟か妹がほしかったけれど、できなかった。二人目を妊娠できたと思った瞬間もあったが、胎嚢が確認できず流れてしまった。同じような経験を多くの友人たちが経験している。

生命が誕生することは、こんなにも難しいことなのか。

死は当たり前で身近なはずなのに、子どもは元気に生まれ健康な大人になれるものだと無意識に思ってしまう。

健康で元気に生きていることの方が奇跡なんだと、カブトムシのお墓を作りながらぼんやり考えた。

夫は、感情移入しすぎというけれど、子どもが生まれて私の感受性は少し変化したような気がする。

f:id:hipopocroco:20170829104505j:plain

「カブちゃんどうなるの?」

公園で遊び終わった娘が帰りしなに聞いてきた。しばらく考えてこう答えた。

「土になるんだよ」

娘はさらに続ける。

「土になってどうなるの?」

私もさらに考えてこう答えた。

「また、新しい草やお花の種を育てるための力になるんだよ」

「ふーん」

自転車の背中で娘が満足したように思えた。この答えで合っていたかはわからないけれど、悪くないやりとりができたような気がした。 
f:id:hipopocroco:20170829010650j:image

公園から帰るとき娘が言った。

「カブちゃんバイバイ」